2017年05月28日

初きゅうり、どなたにプレゼントしようかな



本日は横浜のGOP菜園で
もち米のモミを播きます。

黒豆を植えるのはまだ早いけれど、
私の都合で行わせていただきます。

苗取り用のサツマイモはまだツルを
出していません。

にんにくは植えるのが遅かったので
もう少ししてから収穫します。

じゃがいもは花を咲かせ始めましたので
収穫時期です。

キャベツは本日収穫しきって
しまうでしょう。

レタスは少し大きくしすぎましたね。

蝶がたくさん輪舞しています。

今年お会いした栽培関係者で
長年赤字体質の経営をしている方は、
6月から黒字で循環するように
致しましょう。

栽培は何年もしているけれど、
収入を得た経験がない方は、

6月から黒字循環させましょう。

初月から1000万円いく方も
いるのですよ。

時代の波に乗るということは
そういうことなのです。

私の収益達成法はどんどん
膨らんでいきます。

先月の延長線上にいると思ったら
大間違いです。

大阪は、盟友の岡本さんと一緒に
講演をいたします。

いま失業中というUさん、
おめでとうございます。

6月から収入発生!
さあ、いくらから始まるでしょう。

15万円?
まさか。
30万円?
50万円?
えらい控えめですねぇ。

何をするのって?

ワンクリックのみ。
スマホだとワンタップのみ。
1日一回だけでいいではありませんか。

さあ、黒字循環農の始まり始まり。
posted by 大下伸悦 at 05:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

横浜市港北、大綱橋の畔のキャベツはずっしりと重い

キャベツの巻は何枚の葉で構成されて
いるのでしょう。
5月28日も収穫をして
枚数を数えてみましょう。

ウネの盛土の下は
アスファルトなのですが、
そのことを忘れてしまいそうになります。

まったく草に困らないのに
農薬などを必要としないのです。

小角さんが「虫食いがまったくないです」
と、声を弾ませています。

「かわいくて食べるのが嫌です」って、
そのしぐさの方が可愛いではありませんか。

確かに外葉まで含めて虫食いがありません。

10坪ならぬ、6坪から始める10e1000万円
プロジェクトの模範となる成果です。

収穫期をだらだら延ばさず、さっさと
次のものを植えて回転率を高めたら
いいですね。

もっとも、愛情が増すと、たくさんの人に
見てもらいたくなりますよね。

ヒカルランドさんにもおすそ分けです。

さあ、これから明日の講演の準備です。

おおした
posted by 大下伸悦 at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

見事なキャベツ。見事な卵が

 
横浜のキャベツの収穫、巻きがしっかりしていて
大きい・・・。
ピカピカつやつや。

草取り無用(草が生えていない)。
無農薬で
無肥料・・・。

プライドのかたまりのようなキャベツです。

実はウネの下はアスファルトなのです。

それにしても見事です。
10坪から始める売り上げ1000万円プロジェクトの
試験場・・・.
噂に違わない現実です。


赤いネットがおしゃれです。

それにしてもゼロ酵素(ゼロのチカラ)の威力には
驚かされます。

どうすごいのか、ですって?


5月28日の栽培実習、
6月10日の講演会、参加者は、まあ、見学してみて
ください。

小角さんたち、やったねぇ。



ゼロのチカラの1000倍希釈で育った
鶏の卵もすごいです。
殻が固い・・・。
割ろうとしてもなかなか割れない・・・。

宮本さんに「すごいタマゴ」とは伺っていましたが、
本当に感動しました。
黄身も鮮やかです。

注文を入れてもなかなか手に入らないのだそうです。
西村社長(潟[ロ)、ありがとうございました。

一カ月ぐらい放置してみたらどうなるでしょうね。

キャベツも卵もヒカルランドさんに
届けておきましょう。

小角さんのご夫君が畑に鉄の棒を挿してみると、
ススーッと、あまりにも鮮やかに入るものだから、
ご夫君が転びかけてしまったのです。

酵素のチカラはすごいものです。

「酵素の希釈水を撒いてから何日目で
耕磐層がほぐれたの?」

「翌日です」。

「ほんとう?」
ちょっと信じられない思いがしないでも
ありませんが・・・.

再現性はどうなのでしょう。

別な方の試行例の報告を
待ちたいところです。

おおした
posted by 大下伸悦 at 04:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする