2018年07月07日

草も小松菜も長雨で大成長!



●3日続きの雨で
小松菜が驚異的な大成長を
しています。

草々もそうですね。爆発的に
伸びていきます。

このウネの小松菜は
もうすぐ販売に回ります。

●夏のほうれん草、雨の降る中で
種を敷きました。(種テープ).
雨に呼応するように勢いよく
芽を出し始めております。

5ウネ6条播き分が芽を出しています。

真夏に露地栽培でほうれん草を
栽培する人は高冷地寒冷地以外は
ないでしょう。

売り場にないはずのときに、
売り場にだすのです。

種播き時期は、隔週ずらし播きが
いいでしょう。

●このところの長雨には、
キュウリなど水を好む植物も
大喜びでしょうね。

●ネギは長雨を嫌います。
「溶けてしまう」という人も
います。

すると、ネギの栽培者がお手上げしているときに
元気に育っているように栽培すれば
いいのですよね。
難しいことはないでしょう。

雨具を掛ければいいだけです。
栽培初期にセットしておけばいい…。
それだけのことです。

●小松菜と草々との違い…、それは
小松菜のほうには光合成を促進し、
カビで疫病になりにくい耐久財を、
用意しておいてあります。
草々以上に成長が早いのです。

種を敷く(種テープ.間引きなし)前から
用意されています。
なぜか?
今回の小松菜は、同じウネで2世代目
だからです。

●もう販売もしています、と言っても、
まだ、この地を栽培場所として選んでから
3ヶ月経っていないのです。

この時期の長雨は、
どうしても経験しておきたいのです。

●「梅雨時であっても
何ごともありませんでしたよ」
「それに、もう販売していますよ」と
言っても、

「雨があまり降らなかったからでしょう」と
クサす御仁もいらっしゃるのです。

不耕起なのに、どういうわけか「ウネ間」が
あります。(笑

なぜか?
クワで浅い溝を切ったからです。

その溝に雨水がたまって
プールのようになっています。

溝を切った栽培地は、すべて
雨水を浸透できずにいる、ということが
3日連続の雨で確認できました。

なにごともチャンスなのだ、と思います。

溝がプール状態ならば、
有用微生物群をプールに撒けば、
一気に土壌をフカフカにして
いただけるではありませんか。

溝の前に立ってボトルの水を
ジャーっと播くだけですから、一瞬で
終わります。
傘をかざさなくてもいいぐらいです。

土をフカフカにするのは、ひとでも
機械でもありません。
それを行うのは、
微生物群と、植物の根っこ群です。

●ほうれん草や小松菜は、しょっちゅう
ウネに行って「種敷きと収穫」を
しなければなりません。

ウネにはゆったりと立って入りたいでは
ありませんか。

トマトなどの栽培支柱が余っております。
これは、南木曽で使っていたものです。

これを用いて
「背の高い栽培用のトンネル」を
手づくりしてみます。

1700_の高さを目指します。
「どうぞ、台風さん、いらしてください。」

そうそう、丹波の黒大豆と白菜の苗づくりも
始めました。

苗も販売できます。

●「丹波黒豆納豆、緑豆納豆、あずき納豆」など
つくって販売できるようにするには、
保健所の許可が必要ですよね。

●なあんだ、雨がやんじゃいましたよ。
残念!
さあ、眠りにつこう。

おおした
posted by 大下伸悦 at 03:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

白菜のウネには、前作の白菜の発酵微生物群を



●白菜の外葉も、
剥がすのが
もったいないほどきれいです。

しかも、生でおいしいのです。

でも、多すぎて食べきれません。

そこで早速、白菜発酵液を
醸します。

●私の知人でキュウリの栽培を
40数年続けていらっしゃる方がおります。

300坪当たり年間1000万円以上の
販売額です。
ビニールハウス栽培ですから、
株を定植する位置は決まってきます。

40数年栽培し続けて
なぜ連作障害が出ないのでしょう。
(答えは私の著書の中にあります).

例えば人参でも、収穫時に
1割程度をお礼として畑に残せば、
次作が人参でも
連作障害は起らない、と
知人から伺ったことがあります。

私は、白菜のウネには
白菜の葉を発酵させた有用微生物群と
エキスと、地元の草から得た
地元菌群を、畑にお返しすることに
しています。

白菜を収穫すれば、
すぐに白菜の発酵液づくりに
取り掛かります。

その際、乾燥オキアミか、乾燥小エビ
などを少しだけ添加するように
すれば、「動く生物と動かない野菜、
海と陸の生物の両極を発酵」させることに
なり、より安定します。

ついでに、白菜漬として
ご相伴にあずからせていただきます。

昨日、土甕(かめ)のなかに
漬け込みました。

栽培ごとは楽しいですよ。

おおした

-------------
2018/7/4

● 白菜は、5月種まき(8日、16日)分が
見事に育って「販売」され続けております。

6月に種まきした白菜も順調に育っております。

7月4日に種まきをしました。
7月15日にも種まきをします。

要するに毎月種まきをして、通年販売をしていくのです。
しかし、11月12月1月だけは種まきは行いません。

さて、キャベツもそろそろ販売開始です。
キャベツも5ウネで栽培されています。

昨日販売された空芯菜は、近くのスーパーマーケットでも
販売されていなかったとのことです。

夏でも葉物野菜は欠かしてはいけません。

さて、雨が3日3晩、降り続けています。

そんななか、当方からは
白菜、空芯菜、レタス、ナス、小松菜、だいこんなどの
いずれかか、全部かが販売され続けているのです。

野菜だって、雨には雨傘が必要です。
猛暑には日傘が必要なのです。
待望の長雨、しかし、離れた畑の子(キャベツ)には、
雨傘をさしてあげておりません。
明日は傘を持ってまいります。ごめんごめん…。

雨が大変だって??
まあ、楽しみましょうね。

猛暑が大変だって??
そりゃ、夏だもの。野菜と一緒に楽しみましょう。

葉物野菜が手に入らないですって??
そうですかねぇ。

いまどき、「栽培ごと」は、実益満載で
いいことづくめです。

おおした





種を播きまして、
見事に育ち、

もう販売です。

見事な風格の白菜です。

普通、外葉は、虫食いだったり、
枯れていたりで
何枚か剥がしますよね。

しかし、外葉まで
風雅なのです。

無農薬野菜なのに
虫とは無縁です。

虫食いもありません。
針の穴ほどの穴もありません。

しかも、露地栽培で
育っている真夏の白菜です。

生食で、サラダで食べられます。
甘いのです。
 
4分の1、2分の1にカットして
販売しましょう。

販売したらすぐに
白菜を植えます。
ええ、同じウネにです。

栽培ごとを行うなら、
必ず、販売をセットにしましょう。

職業としても
有望です。

おおした
posted by 大下伸悦 at 07:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白菜、キャベツ、ほうれん草の通年栽培なんですけれど…



白菜は、5月種まき(8日、16日)分が
見事に育って「販売」され続けております。

6月に種まきした白菜も順調に育っております。

7月4日に種まきをしました。
7月15日にも種まきをします。

要するに毎月種まきをして、通年販売をしていくのです。
しかし、11月12月1月だけは種まきは行いません。

さて、キャベツもそろそろ販売開始です。
キャベツも5ウネで栽培されています。

昨日販売された空芯菜は、近くのスーパーマーケットでも
販売されていなかったとのことです。

夏でも葉物野菜は欠かしてはいけません。

さて、雨が3日3晩、降り続けています。

そんななか、当方からは
白菜、空芯菜、レタス、ナス、小松、だいこんなどの
いずれかか、全部かが販売され続けているのです。

野菜だって、雨には雨傘が必要です。
猛暑には日傘が必要なのです。
待望の長雨、しかし、離れた畑の子(キャベツ)には、
雨傘をさしてあげておりません。
明日は傘を持ってまいります。ごめんごめん…。

雨が大変だって??
まあ、楽しみましょうね。

猛暑が大変だって??
そりゃ、夏だもの。野菜と一緒に楽しみましょう。

葉物野菜が手に入らないですって??
そうですかねぇ。

いまどき、「栽培ごと」は、実益満載で
いいことづくめです。

おおした





種を播きまして、
見事に育ち、

もう販売です。

見事な風格の白菜です。

普通、外葉は、虫食いだったり、
枯れていたりで
何枚か剥がしますよね。

しかし、外葉まで
風雅なのです。

無農薬野菜なのに
虫とは無縁です。

虫食いもありません。
針の穴ほどの穴もありません。

しかも、露地栽培で
育っている真夏の白菜です。

生食で、サラダで食べられます。
甘いのです。
 
4分の1、2分の1にカットして
販売しましょう。

販売したらすぐに
白菜を植えます。
ええ、同じウネにです。

栽培ごとを行うなら、
必ず、販売をセットにしましょう。

職業としても
有望です。

おおした
posted by 大下伸悦 at 02:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする