2017年07月06日

やはり思い切って予告します。3月から言い続けてきたものだからです。

黒字循環型農の貴重な「報酬源」候補のひとつが、
無料で、しかし、試用期間限定で
使えることになりました。
「期間にこだわらず使用できる」のニュアンスに
期待しておりましたが、
割り切って、使える期間だけでも「実践」してみたい、と
いう方に限り、行ってみてください。
期間限定ということは、その期間が終わったら
おそらく使えない、ということになります。
当然、「そのあとには有料版を」ということに
なるでしょう。
「その時点でストップ」です。

無料期間に「思った以上の収益がでた」という
成功体験をした方は、ご自身の判断、自己責任で
ご判断ください。
無料期間の収益は、もちろん「自分のもの」です。
その間に15万円ぐらい生み出せたらいいですね。
うまくいかなかったというひとでも
「5000円で自己責任で楽しめた」という方は、
それはそれでいいのではないでしょうか。
人生を大きく変える可能性は、大いにあるでしょう。
こういう優れもののツールでの取引を
無料で使えるということは、
「ありえない」ものです。
--------------------------
ただし、私が 以前、「無料なので念のため
≪ハイローオーストラリア≫の取引口座を
つくっておいてください」と言いました。が
その時に作っておいた方に限ります。
---------------------------
現在、それを「いつでも使えるようにしてある」方だけに
お薦めします。
ほんとうにこれからの栽培が劇的な「黒字」環境に
なってしまう可能性は否定しません。
そうならなかったとしても損はないのです。
無料期間だけでやめてください。
くれぐれも・・・ですよ!
上記以外の方は、口座をつくっている間に
もたもたしていて時間的に間に合わない可能性があります。
---------------------------
それは何なのか。
松岡女史の「スマホでタップして収益を得る無料ツール」です。
彼女のものは、「期間限定版」ということで落ち着きました。
---------------------------
ただし、本人はいまだどういうビジネスモデルなのか
「内容」を明かしていません。
---------------------------
わたしが知っている彼女のツールは
「バイナリーオプション」です。
まず、間違いはないでしょう。
為替が「ハイ↑」か、「ロー↓」かを
当てるのが「ハイロー取引」です。
すなわち確率は「50%」です。
ところが彼女のものは「そういう判断が
要りません」。
「シグナルが来たら、30秒のカウントダウン」の間に
心を落ち着けて、
3・2・1・0でタップするだけです。
1分後に自動的に結果が出るのです。
パチンコやゲームセンターだっておカネが
減ってしまいます。
しかし、彼女のものは「自己責任で口座に
置いた5000円が増えるか、減るか」の、はなしです。
いま、お教えすると
またメールに翻弄されてうんざりします。
どうぞ、7月8日の発表をお待ちください。

農業が楽しくてしょうがなくなる可能性が高いです。
考えなくていい。だから気楽でいい・・・。
まぁまぁまぁ、お待ちください。

3月の時点では「パソコンにUSBを差し込む」スタイルでした。
始まりのシグナル音もありませんでした。
しかし、今度のは「スマホ」で、シグナル音も鳴るのです。
もちろん、ご本人は、いまだ「バイナリーオプション」とは
言っておりません。
大下
posted by 大下伸悦 at 01:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

素敵な本ですね。あなたが知っているひとの本です










この作品はどなたのものでしょう。
あなたがよくご存じの方だと思います。

このような作品が
どんどん出版されていきます。

あなたは、土壌を整える
「環境作家です」

そして、ムービーをつくって配信する
「映像作家」です。映画監督とも言えそうです。
舞台はユーチューブです。

そして、本を出版していく
「印税作家」です。

そこで、7月8日9日は、外部の映画ではなく、
私たちが配信しているムービーを上映することに
しました。

身近で行う上映会は、仲間がつくった
ムービーで行ってまいりましょう。
posted by 大下伸悦 at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

やまとカブトエビがよみがえる田んぼを増やそう

化石生物と言われる
「やまとカブトエビ(アジア種)」
を蘇らせたいですね。
田んぼの除草にも役立ちます。
--------------------

 奈良のGOP二宮さんの「ビギナーズ田んぼ」では、
休耕田歴が長かったようで、モグラ穴やら、
初心者ならではの体験を楽しんでいるようです。

しかし、カブトエビの出現には驚かされました。

カブトエビの卵は、再び最適環境を獲得するまでは
じっと「眠りの活性」の状態を保っているのですね。

ぜひ、オスとメスが並んだところを
写真に収めてほしいものです。

アジア/カブトエビの存在をYouTubeで
明らかにしたら、ブームになりそうな気がします。

自然農でなければ発生はしません。


よく動き回るので草が芽を出しにくいのです。
草の芽を食べてもくれます。

自然農田んぼの除草効果実験としても
話題性がありますね。

光合成細菌による水の紅色への色調変化と
カブトエビの動きによる泥のにごりの
取り合わせには、
実に興味深いものがあります。


ぜひ、カブトエビの復活運動と、
光合成細菌の活性化の
運動を広めてまいりましょう。

カブトエビは、東北地方では
棲息が確認されない、と
されてきましたが、
近年の温暖化によって
卵が孵化するということも
ありうるのではないか、という
仮説を持っています。

ところで、東北でも
山形(秋田に一部)でだけは、
もともと棲息が
確認されています。

なぜでしょう。
この山形の土着種は、
ヨーロッパ種なのではないか、と
以前、ふと思ったことがあります。

どなたか詳しい方がいらしたら
ご教授願います。

いずれにしろ、やまとのカブトエビは
人類が誕生する以前からの
化石生物です。太古から棲息して
いるのです。

カブトエビが、田んぼにいるのは
自然な状態なのだと言えます。

おおした
posted by 大下伸悦 at 05:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする