2017年04月21日

大阪での第3回、新規月収獲得法のミーティングは、5月7日に決定.受付を開始!

001.JPG004.JPG008.JPG005.JPG

3月に名古屋会場に参加なさった方は
大阪会場に参加なさってかまいません。
しかし、大阪会場は、30名定員の部屋なので
30名が限界です。
先着順となりますので
よろしくお願いします。

もうひとつのブログ「起きたことは必要必然ベスト」は
不調なので
こちらから発信させていただいております。

おおした
posted by 大下伸悦 at 11:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜の6坪の菜園、清井さんや小角さんたちが栽培しているレタスがの伸びがすごい。

横浜の6坪の菜園、清井さんや小角さんたちが栽培しているレタスがの伸びがすごい。
草にも虫にも困らない。無農薬、自然農の世界です。

小さい区画なのに、よい栽培モデルとなって来ました。
しかし、ここは下がアスファルト舗装されているのですよね。
その上にウネを作っているのです。
でも、旺盛に伸びる野菜は、そのことを忘れさせてしまいます。

さて、ベランダ栽培の野菜がブランド野菜として
周知されはじめましたね。

実に痛快です。


大阪の康村さんのベランダ栽培野菜は
あっという間に売り切れてしまいます。

新潟の内田さんのプレミアム野菜は
どうも何かが違います。
オーラが違うといえそうです。
(植物のオーラ写真、見たことありますか?)


清井ブランド、松崎ブランドの野菜も
野菜たちそのものが喜んでいます。

桐生さんのスナップエンドウ、さすが、
15年のキャリアです。

横浜の6坪の菜園、清井さんや小角さんたちが
栽培しているレタスがの伸びがすごい。
どうです。草にも虫にも困らない自然栽培野菜・・・。
手数もかかりませんよね。
−−−−−−−−−−
「草にまったく困らない」栽培は、見ていて爽快な気分に
させられます。

予期した通り、虫にもまったく困らない。

レタスもブランド野菜になり始めましたね。
キャベツもびっくりするほどでかくなっています。

2種類のレタスがほんとうにすごい、小角さんが自慢げに
売り場に並べ始めました。
すごいなあ。

ジャガイモの苗取りを急がなければなりません。
あるいは、キャベツを移植するか、です。

明日は天使の森の菜園に入ってみます。
にんにくと玉ねぎの育ちはどうでしょうね。

自然農から心の安らぎをいただいています。が、

それにしても、今年もツバメが姿を見せません。
せっかく菜の花を咲かせて待っているのに
ミツバチも沈黙したままです。

栽培にかかかわる人たちを
マネーの呪縛から解き放ちます。

農業が憧れの職業になっていく…。

まずは黒字にしてしまうのです。
毎月、30万円から100万円の
原価率ゼロのストック型月収がベースと
なっていきます。

掛け声だけではなく、現実にそのように
なっていくのです・・・。

いつからって?
少なくとも3ヵ月後にはそうなっていくでしょう。

赤字に悩む農事経営者が集まりだしています。

おおした




posted by 大下伸悦 at 04:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

「栽培ごと」の休憩時の気分転換が黒字を呼ぶ。黒字から始める農業経営


表題の「栽培ごと」での休憩時の気分転換が黒字を呼びこむという話。
 「黒字から始める農業経営」の話が現実のものであって
しかも、短期に達成できてしまう…、という話をテーマとしたとき…。

お集まりのみなさまがそのことに
確信したとき、
会場中に全員のオーラの輝きが
ひろがります。

「ウワァー」という歓声が沸きあがったりします。

さあ、夢をいだいて生きがいの創造に
邁進いたしましょう。


農業は変わりますよね。
ひとりひとりが、あれよあれよという間に
赤字を解消していくのですから…。

お金の縛りから解放されのびのびと
生きだしたら
野菜も健康になりますよね。

無農薬自然態の栽培に立ち返ります。

また、過疎地だとか限界集落だとかも…
周囲の心配を尻目に
豊かに生きる人たちの楽園へと
 変わっていきます。

過疎地が元気になる…。
うらやむばかりの楽園となるのです。

  しかも、2か月、3ヶ月、半年、と
  あれよあれよという間に、
  豊かになっていくのです。

  なにしろ限界集落の90歳のおじさんが
  180万円の収益を上げているのです。

  月収ではなく、日収なのですからね。

  話し相手もいなかった彼は、
  全国に600人以上の友人ができたのです。

  いわゆるスマホ友達です。
  彼はスマホというIT機器を
  仕事に用いています。

  ◎大阪でのミーティングは5月7日で決定しました。

  1月2月と同じ、天満橋のエルおおさかの
  南館7階です。

  会場には30名しか入れません。

  ごめんなさい。今回も平等に
  申し込み順とさせていただきます。

  名古屋会場は、残席2名です。

  ◎九州の方は、わざわざ遠出しなくてもいいように
  小倉あたりで開催します。

  金沢も検討中です。

  ◎本日は愛知県岡崎の友人小木曽さんから
  筍の上級品が送られてきました。

  横浜の都市型菜園の
  レタスが伸びすぎの感があります。
  キャベツもでかい。

  やはり、レッド格子ネットの威力は
  偉大です。

  ありがとうございました。

  22日までは、収穫するのを
  待ちましょう。と、こかくさん…。

  ◎ベランダ栽培野菜が
   おすそ分けブランド野菜として
   知れわたっていくというのは
   何とも痛快なことです。

  おおした

posted by 大下伸悦 at 17:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする