2019年02月26日

近所から耕運機の動力音…、私はネギを定植

◎もう花を咲かせている植物が…。植物の生き残り戦略はすごいものですね。
◎昨日は、ネギ215本を定植…。(ネギは赤ネギと徳田ネギ)次に「新春2番目の芽出しジャガイモ」の「落とし込み植え」を行いましたウネにこん棒を突き刺して歩き、そこに種イモを落とし込んでいくのです。豪快、単純、立って歩くだけ…。(土壌が柔らかくなった、それゆえできるのですね)
◎春とはいってもやることはあまりありません。
ウネ間の「移動草制御グッヅ」の位置を補正して歩くぐらいのものです。
間違えて生育中のニンジンを20本ほど抜いてしまいました。(ごめんなさい)
◎果樹ゾーンの下草の整備がまだでした。ウネを増やせるところは、黒マルチで覆い、葉野菜の栽培用にします。3ウネ増やしました。
◎春風がさわやかでした。私は縄文農法を行っているだけなのですが、「ア、そうですね」と、訪問なさった方は納得なさいます。明日にでも種明かしをいたしましょう。
posted by 大下伸悦 at 06:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

6千年前にクワはあったのか。あった。

私の栽培法は、
じつは6千年前の栽培法です。
近日中に当時のクワを
使うことになるでしょう。

しかし、同じウネで
4回転栽培ぐらいのことは
していますよ。
posted by 大下伸悦 at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さあ、気分転換にウネの見廻り

さてこれから気分転換に外に出ます。
ウネの大半は、昨年しつらえたままの状態で用います。しかも、赤い光合成ネットがトンネル状にかぶせられたまま、キャベツや白菜等が寒さに耐えております。
したがって2月中に行うことは、ウネの周辺の草とどう付き合っていくか、によって変わってきます。
・まず草を生えさせて種をつけないうちに生を終えていただくか。
・草が生えないうちに可動/草制御グッズを敷いておくか。の選択です。
どちらにしろ草々の今生の旅の始まり始まり〜!
-------------◎昨日は玉ネギの分けつ移植を行いました。年末に終えておくべきところ、いまごろになってやっとその気になりました。実にのんびりしたものです。・数日前のほうれん草にしても小松菜にしても気まぐれに関わります。がすべて必要必然ベストの結果なのです。我ながら、あきれ気味…。しかし感謝!◎年中新ジャガ、昨日は食べる分4個を収穫….「それはナンデス?」「アンデス です」 笑
いい肌をしていますねぇ。◎そういえば昨年11月収穫の新ジャガは、真っ白でスベスベ…。3分の1カットして放置しておいたらみごとな緑色の肌になっています。鮮やか、あっぱれです。切り口は真っ白にコルク化しています。食べるの、植えるの?どっちなの?とお怒りです。怒った姿が、これまた美しい。普通に購入してくるジャガイモは、カットすると、3日で真っ黒に変色します。不自然物を吸収させられている証しです。「ハイ、有用微生物で免疫をつけましょうねぇ」
posted by 大下伸悦 at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする