2017年07月11日

芋からの伝言.大好評でした



7月9日の
根本佳代子さんの「芋からの伝言」は
大好評でしたね。

Fさんは「早速私もそうしなければ」と
何度もおっしゃっておりました。

ところで、南木曽に行く時間が
まったくありません。

もう何カ月も不在のままです。
GOPの拠点としては、岐阜の笠松が
中心となっていくので、南木曽は
たたもうかと思っております。

なにか、いいお知恵があれば
ご教授願います。

横浜も明日の12日が再開発計画の
発信日(契約日)となります。

わたしが横浜にいる意味も
あまりなくなります。

次へ次へと時代は流れていきます。

流れゆく景色のなかで、やはり
主役は自分自身なのですね。

本日も夢をもって楽しんで行きましょう。

大下
posted by 大下伸悦 at 06:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

横浜の菜園に「すいおう」の苗を移植



葉野菜として葉を食用にするための
「サツマイモの種類」を「すいおう」といいます。

漢字では「翠王」と書きます。

友人(ハリさん)が大事そうに抱えてきたものの
中身は「すいおう」の苗でした。

宮崎や鹿児島では、葉野菜として
店頭にも並びます。

時間が取れなかったので
一ヵ所にまとめて活けておきましたが、
根っこがしっかりと伸びています。

これを小角さんと田中さんが
定植してくださいました。

田中さん「自宅のプランター」ですけれど
大量に発生していたアブラムシが
教わったとおりにしたらほとんど
消えてしまいました」とのこと。

50℃のお湯を散布するやり方です。

ノウハウは「ひとつひとつ」蓄積してまいりましょう。

9日のお野菜は
「深山さんの瓜(うり)、ミニトマト、ジャガイモなど」
硝酸態窒素は「検出せずラインで、最大値でも100に
達しません。

八代さんの農園からのお野菜は、初めての
販売となる「ニンジン・ジャガイモなど」
硝酸態窒素は最大でも50以下、やはり
検出せずラインにありました。

田中さんの葉野菜も活け花てきに展示され、
会場には、緑が彩られました。

八代さんのニンジンが甘い。
ジャガイモはふかしたてを全員で戴きました。

カムナファームのトウモロコシは
エイトポケットプランター育ちでしたが、
見事な育ち具合で、おいしく食べさせて
いただきました。

やはり手塩にかけた野菜を
分かち合うと心が豊かになりますね。

15日は大阪ですが、どんな野菜と
出会うことになるのでしょうか。

楽しみです。
posted by 大下伸悦 at 17:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

やはり思い切って予告します。3月から言い続けてきたものだからです。

黒字循環型農の貴重な「報酬源」候補のひとつが、
無料で、しかし、試用期間限定で
使えることになりました。
「期間にこだわらず使用できる」のニュアンスに
期待しておりましたが、
割り切って、使える期間だけでも「実践」してみたい、と
いう方に限り、行ってみてください。
期間限定ということは、その期間が終わったら
おそらく使えない、ということになります。
当然、「そのあとには有料版を」ということに
なるでしょう。
「その時点でストップ」です。

無料期間に「思った以上の収益がでた」という
成功体験をした方は、ご自身の判断、自己責任で
ご判断ください。
無料期間の収益は、もちろん「自分のもの」です。
その間に15万円ぐらい生み出せたらいいですね。
うまくいかなかったというひとでも
「5000円で自己責任で楽しめた」という方は、
それはそれでいいのではないでしょうか。
人生を大きく変える可能性は、大いにあるでしょう。
こういう優れもののツールでの取引を
無料で使えるということは、
「ありえない」ものです。
--------------------------
ただし、私が 以前、「無料なので念のため
≪ハイローオーストラリア≫の取引口座を
つくっておいてください」と言いました。が
その時に作っておいた方に限ります。
---------------------------
現在、それを「いつでも使えるようにしてある」方だけに
お薦めします。
ほんとうにこれからの栽培が劇的な「黒字」環境に
なってしまう可能性は否定しません。
そうならなかったとしても損はないのです。
無料期間だけでやめてください。
くれぐれも・・・ですよ!
上記以外の方は、口座をつくっている間に
もたもたしていて時間的に間に合わない可能性があります。
---------------------------
それは何なのか。
松岡女史の「スマホでタップして収益を得る無料ツール」です。
彼女のものは、「期間限定版」ということで落ち着きました。
---------------------------
ただし、本人はいまだどういうビジネスモデルなのか
「内容」を明かしていません。
---------------------------
わたしが知っている彼女のツールは
「バイナリーオプション」です。
まず、間違いはないでしょう。
為替が「ハイ↑」か、「ロー↓」かを
当てるのが「ハイロー取引」です。
すなわち確率は「50%」です。
ところが彼女のものは「そういう判断が
要りません」。
「シグナルが来たら、30秒のカウントダウン」の間に
心を落ち着けて、
3・2・1・0でタップするだけです。
1分後に自動的に結果が出るのです。
パチンコやゲームセンターだっておカネが
減ってしまいます。
しかし、彼女のものは「自己責任で口座に
置いた5000円が増えるか、減るか」の、はなしです。
いま、お教えすると
またメールに翻弄されてうんざりします。
どうぞ、7月8日の発表をお待ちください。

農業が楽しくてしょうがなくなる可能性が高いです。
考えなくていい。だから気楽でいい・・・。
まぁまぁまぁ、お待ちください。

3月の時点では「パソコンにUSBを差し込む」スタイルでした。
始まりのシグナル音もありませんでした。
しかし、今度のは「スマホ」で、シグナル音も鳴るのです。
もちろん、ご本人は、いまだ「バイナリーオプション」とは
言っておりません。
大下
posted by 大下伸悦 at 01:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする