2017年06月15日

畑での草に困らない「稲作」、始まりました。

昨14日は、奈良のGOPの二宮さんたちが、
イネの畑作実験を敢行なさったとのことです。

植えたのはもち米です。

もち米は、水田でも畑でも
あまり味に変わりがないと伺ってはいますが、
果たしてどういうことになるでしょう。

私は昨年、うるち米を畑で栽培し、
収穫をしました。

もち米を頼んだのに、間違ってうるち米のモミが
届いたのです。

今年は、しっかりともち米を手に入れ、
奈良にも実験用に送っておいたのです。

草は、株まわりの土壌の露出部に生えてはきますが、
それも年々減っていきます。

前作の切り株をそのまま残し、その隙間に
次のモミを播いていきますので、
年々草の生える余地がなくなっていくのですね。

土壌もふわふわになっていきます。

水争いにも巻き込まれませんし、
斜面でも栽培することができます。

しかも草取りは、格段に減ります。

忙しい人にはいいですよ。
手間もかかりません。

いざというときの自衛用栽培には
うってつけですね。

自衛用として、手間のかからない
「イネの畑作」と
「サツマイモ」を
毎年植えておくことをお薦めします。

サツマイモの葉は、青物野菜として
優れた栄養価を誇っていますし、
採っても採っても伸びてきます。

これも自衛用としては
うってつけです。


明日は、生まれて初めての金沢です。

移動移動の連続で、
顔なじみの北陸の方々に
ご連絡できません。

ごめんなさい。
明日の情報を知らずに来られなかった方は、
来月お越しください。

よろしく

おおした
posted by 大下伸悦 at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

本日は午前、農業者懇談会.今後のビジョン



本日(6月9日)は、サツマイモの苗を
立ったままで植えていく用具を用意してあります。

奈良のGOP二宮農園では、畑にもち米の
モミ播きを行います。14日です。

畑で「草に煩わされない稲作」が行われるのです。

その時にも、立ったまま「モミを植える」用具を
用います。が、それに用いる道具も本日、
お見せできるでしょう。

楽しみですね。
posted by 大下伸悦 at 05:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

奈良の御所(ごせ)のGOP二宮グループの草の生えない自然農での稲作



奈良の御所のGOP二宮さん宮本さんたちのグループの

「草の生えない自然農田んぼ実験」が

いよいよ始まりましたねぇ。

続いて、
畑でのコメ作り実験が行われる予定との
ことですよ。


しかも
草にわずらわされないコメ作りを
畑で行うわけです。

それも
モミ播きから始めるというのですから、


ご本人たちが考えている以上に
農業界が注目してよい、栽培実験です。



一部始終を撮影しておいてくださいね。


ユーチューブにシリーズで

発表し続けてください。




さて、著書にするのも同時進行です。



オペレーションはかっこよく、

ファッションにも気配りをお願いします。



朝日のあたるなか、10時までには

オペを終了するようにしてください。



6月から新たな収入が発生しますので、

栽培に使う資材は、

生まれた収入から支出してください。



すべてゼロから始める、という見本を
示してくださいね。


新しい分野も、ゼロ資金からは始める・・・。

徹底してお金を掛けない。


そのほうがうまくいく、という

実験の真っただ中にいます。



6月11日の勉強会は、

その貴重な実験の田植えシーンの映像から

始めてください。

宮本さんのショートカットの髪形も

アップで写してくださるとうれしいです。



さあ、一気に生き方の次元が変わりますよ。




6月13日は、有名な「自然栽培の南高梅農家、梅子ちゃん」が

登場します。

お楽しみに…。



さあ、今日も夢をいだいて楽しんで行きましょう。



㋹÷村の村長、小滝流水より。



「㋹」はチョイと読みます。


「÷」は、悪と読みます。


「チョイワル村」の村長とは、私のことです。



※ 栃木の青木さんのレタスは、硝酸態窒素の心配が
ない特上のものでした。

9日には、横浜の港北の会場前で

お披露目されるでしょう。
posted by 大下伸悦 at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする