2017年10月13日

明日は、生き方が変わる日になるかもね。


  明日の実習用の資材が一通り届きました。

無煙炭を手づくりなさった方は、ご持参ください。
東海村の小島さんに炭づくりのやり方と
その効用を教えてもらおうと思っておりましたが、
奥様が倒れられたとのことで、整流炭が用意できていません。

それにしても比嘉セオリーにはおどろかされます。

聖人であったことにいまごろになって
気が付きました。ごめんなさい。

明日は、20年のビオトープ栽培米を、用意しました。
三河のサツマイモが届いております。
横浜の「葉野菜用のサツマイモ」の採りたてを
試食してみましょう。
特性黒にんにく展示します。

鳥獣を寄せ付けない空間のつくりかた実習がメインです。

3名の方に、整流端子をお分けします。
さまざまな効用について、手分けして実験を進めてまいりましょう。


ユーチューブで映像を流せるようになった方は、収益化の
段階に進みます。フェースブックでの収益化も同様です。
これは、午前の部でまとめて行います。

松岡モデルの購入申し込み者が3名いらっしゃいます。が、
私は、紹介者に過ぎないので、連絡だけはしてみます。

今年は、ムービー制作に追われますので、
第2土曜日以外は、勉強会は開催できません。

くれぐれも、BABAはお勧めです。
自己責任で人生を切り開いてください。


本の出版予定者、5名の方は、進捗状況をお知らせください。
ご自身が主体にならなければ、売れる本にはなりません。

おんぶにだっこでできなかったではないの、ということに
ならないようにしてください。

それでは明日、お楽しみに…。

おおした
posted by 大下伸悦 at 13:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

葉野菜用のサツマイモを収穫

 葉野菜としてのサツマイモの葉が
いまごろになって勢いを増しています。

感動しますね。
というのも、銀杏の枯葉を
かき集めて、まだ銀杏の葉の原型が
残っているところに数本を
差し込んだだけなのでした。

下はアスファルト、その上に銀杏の落ち葉を
かき集めました。

バーク材を混ぜようと思ったのに、
そのバーク材が無買ったのです。

腐食土になるまで待とうと思っていた場所に
御嬢さんたちが苗を挿してしまっていたのです。

「これはいくらなんでもむりだよなぁ」、と
想いながらも、嫌われたくないので、
作り笑いをして、「よかったですねぇ」と
言ってその場を取り繕ったのです。

なんと、それが枯れることなく息づいているのです。

今週は、3日後には植えてある場所が水道工事で
アスファルトの下まで掘り返されます。

そこで、本日収穫することにしたのです。

「あれ、来年、苗を取る種イモが育っていない・・・」。

もともとイモは大きくならない種類なのですが、
まだ、イモが育っていないのです。

さて、来年はどうしましょうか。

水耕でひと冬持たせましょうかね。

おおした
posted by 大下伸悦 at 23:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

サツマイモ掘りが始まった

明日は横浜でサツマイモ掘りです。

岐阜と長野でも
サツマイモ掘りが待っています。

岐阜の岐南町では
独特な手法を用います。

長野のサツマイモは元気で育って
いるでしょうか。

葉っぱを食べる種類の「すいおう」は
横浜の小さな菜園で見事に
育っております。

14日をお楽しみに。

おおした
posted by 大下伸悦 at 23:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする