2019年01月08日

1月7日、七草粥(かゆ)、おいしいです。2杯も…

順調に
新春の「七草」…を迎えられたのですね。
おめでとうございます。

この一年のお自身の精神宇宙の
「精神基盤」を構築して
しっかりと腑におろす…。

五十の田んぼ(すずしろ=五十鈴代)のひとつひとつに
ことだまを配置していくのでしたね。

「すずな」は、各々のことだま(すず)の「な」の意味です。

「はこべら」は、各々のことだまを「はこぶ」…
どこへ・それぞれの「ら=場」へ…。
「ら」は、あちらこちら の「ら」です。場所という意味です。

「ごぎょう」は、五母音を刻んだ五行…、そして副母音五行です。

「なづな」は、上記の母音から副母音を渡す綱です。

「せり」は、「せる=選ぶ」という意味です。

「ほとけのざ」は、
ご自身の良心にしたがった「ご自身にふさわしい本来の座」へ
坐(ま)す、のです。

◎「こぞことし」という去年でも今年でもない刹那の刻(とき)、
一点の曇りもない純真無垢な「本質としての自分」から、

7日目にして、今年の自分にふさわしい「精神宇宙」を
しつらえたのです。

おめでとうございます。
さあ、肉体宇宙におとしこんでください。

それが七草がゆです。
posted by 大下伸悦 at 06:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする