2018年09月05日

次回、まくたを訪問したら、すぐに植えましょう。



◎馬来田(まくた/千葉)には
取材を兼ねて
もう一度お伺いしたいと思っております。

案内していただいた
「竹林に囲まれた草地」に
次回、行ったときは、

●まず、「500_ペットボトルと化繊の紐」で
猪が近寄らない空間にしましょう。
(比嘉セオリー)

●次に、レタスと大根を植えてしまいます。

ついでに草を間引きます。
(今回のケースは極めて楽)

●すると、その次に行ったときは
全ウネフル稼働してしまいます。

●販売は、1ヶ月でスタートさせましょう。
お二人でその手続きを終えておいてください。

「起業」スタート
です。(お望みならですが…)

作り置きの竹炭が倉庫でたくさん眠って
おりましたね。
その販売もしていけますね。売り場に
出せるようにしたらいいでしょう。

●周囲は立派な竹林ですので、
たけのこも売り場に出せます。

たけのこシーズンには、お猿さん軍団が
来ているはずです。
猪も猿も最初に張ったラインでOK…。

●行ってすぐに植えてしまうのか?
そうです。

●何ウネに植えるのですか? ですって!
2人いれば、全ウネできます。
その日のうちに…、楽しみながらです。

●クワはいるのですか? ですって!
要りません。
手袋は要ります。

●ジャガイモも植えたい?
どうぞ。クワは要りません。土寄せも
要りません。落とし込んだら
上に土をかぶせて、収穫までは
放っておいてください。

おおした
posted by 大下伸悦 at 08:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする