2018年06月14日

さっそく菜園の野草で発酵液をつくったというMさん。Youtubeにアップするとのこと

さっそく菜園の野草で発酵液をつくったというMさん。
Youtubeにアップするとのこと。
写真を編集する姿が輝いています。


人生をともに歩む…。
こういう友人が欲しかった…。

だから
とってもしあわせです。

納豆は、納豆一粒に水を掛け、
その水を加えるだけでいいです。

わたしもだいこんの発酵液を大量につくりましたので
発酵液のもととなっただいこんが育った特区に
たっぷりとまき散らします。

梅雨入りともなれば
畑の野菜たちにもさまざまな病気が
発生する時季ですね。

日照不足、風不足、徒長対策、
土壌内の空気不足対策、
低温対策、急激な温度差対策などなど…、

対策を施す楽しみが増えますね。

直売所への出品を加速させるとともに、
東京の大田市場などへの出荷のための
野菜づくりを進めなければなりません。

栽培空間は、短期間で順調に拡大しておりますが、
ハクサイやキャベツ、ホウレンソウなどの
上手な長雨付き合い法を編み出して
いかなければなりません。


なお、直売所を有志だけで開設して
年間数億円を売り上げているところもあります。

栽培ごとはすごく楽しい…。
とってもしあわせです。
posted by 大下伸悦 at 08:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする