2018年05月17日

華やかな耕地が着々と…



本日の栽培ゾーンは、5つある畑の5つ目の耕地である。
ここは何のこともなくウネ幅160aのウネとしてスタートさせる。
平ウネといえばかっこよいが、要するに「平たい地表のまま」である。(笑

モグラのトンネルが縦横に走っている。
しかも、ナメクジ・カタツムリの生息圏でもある。
これは楽めるぞ・・・。

ウネを設定するに当たり、初めに160aのトンネルを設(しつら)えて範囲を決定づけた。
被(かぶ)せたレッドネットが美しい。

さあ、ここで「ほうれん草」または「はくさい」の通年栽培を試みる。

「通年栽培」とは、年間何回も栽培を繰り返すという意味である。

いつ植えるのかですって?
さすがに今夜という訳にはいかない。
明日の朝になるでしょう。
理由は、って?
もうベッドでくつろいでいるからなのです。


隣の、「果樹に囲まれた耕地」では
14日(新月の前日)に
敷いた「小松菜の種子テープ」の種子が発芽している。

すごいすごい。

種テープは、敷いたあとには見守っているだけでいい。
なにしろ、間引かなくていいのだ。

種子を敷いた直後に、寒冷紗を直(じか)にかぶせて覆土を
保護するのだが、色は黒より白のほうがよさそうだ。
(ここは重要)

念のため、何度も敷き比べて結論づけたい。
posted by 大下伸悦 at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする