2018年05月16日

満月の日の解放感と、新月の日の始まり感。



ビワの樹のある畑に敷いた
小松菜の種子テープの種子がもう発芽している。

すごいなあ。

高齢者の栽培ごとは、
種子の播種から行うとなると肉体的に
厳しいものがある。

しかし、種子テープでの栽培を意識すると
オペレーションは極めて
シンプルになる。

発芽までは
水分の供給も、風からの覆土の保護も
寒冷紗のお世話になる。(不織布でもよい).

とはいえ、日中、高温になると
敷いてある寒冷紗の水分は午前10時頃には
カラカラに乾燥してしまう。

でも、蒸発する水分を逆に発芽促進に
利用することはできるはずだ。

水分を逃がさないようにし、
且つ、蒸気化(O₁化)させて発芽促進を
行うようにするためには?

これも実にシンプルだ。

日が落ちてから、それを確認してみる。

案の定、その試みは、大成功であった。

なにしろ、ウネをこしらえて、
ただちに植えてしまうのだが、それが
通年栽培をしていこうとする
始まりのウネでのことなのだから
痛快である。

何ごとも自然界の仕組みは
シンプルなものなのだが、
栽培ごとを探求していると
観えてくるのもがある。


新月のころの、生の始まり感、
満月のころの、生の謳歌、

栽培の側からみても
面白い。
posted by 大下伸悦 at 21:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする