2018年05月15日

もぐらが出なくなった。



昨日は果樹のゾーンに挟まれた休耕地に
葉野菜用を急ごしらえ、
雨があがって半日ほど経過したので

「種テープ」を敷設しました。

テープシーダー(種テープ敷設器)が
不調なので
しゃがんでの作業が
正常時よりますものの

種の筋蒔きと比べれば
時間も労力も雲泥の差です。

なにより、発芽後の間引きが
要らないのです。

ここのウネでは発芽前後の
散水もなしで行います。
(敷設時のみ)


さて、ビワの果樹のある畑は
当初、モグラが一生懸命、草地に
空気穴をつくっていたのですが、

鳥獣忌避の施用したあとは
どんなものなのでしょう。

「出ていません」。

モグラ用にと
もうひと手間を考えていたのですが、
このままでよさそうな感じです。

念のため、
もう少し、観察してみましょう。


この畑には
5ヶ所に整流炭埋設を行いました。
30a深度のところで良しとしましょう。

まず、固形の整流備長炭を入れて
それを取り囲むように
モミガラの整流燻炭を入れていきます。
上から「有用微生物群(EM)の
溶液を注入していき土をかぶせます。

有用微生物群溶液には
粉上セラミックを溶かしいれてくださいね。


あれ?
海洋性ミネラルを入れ忘れました。

本日、入れることにします。



なんだか販売が絶好調の様子ですね。

何を提供していきましょうか。

実はもう決めてあります。

「白菜」と
「ホウレンソウ・小松菜」と
「大根」の
通年栽培を行っていく予定です。


大根と
小松菜は
一昨日から「種テープ」第一弾を
敷設しております。


草地がどんどん少なくなっております。

「草がなくなったら困るのでは
ありませんか」との悲鳴に似た声が
あがり始めています。笑


季節はずれですが
昨日は、忘れ去られていた玉ねぎを
植え終えました。


210株ぐらいになります。
何かいいことをした気分です。

こういうことで
ツキがもたらされるのでしょうね。
posted by 大下伸悦 at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする