2018年02月17日

「気力がなえてしまってもう何も手がつかない」という手紙が…

もう気力が萎えて何も手につきません.という手紙が…。


●畑を耕し、種を播き、芽が出ると鳥についばまれ…


●イノシシに荒らされ、波板で防ぐと


●鹿が柵を乗り越えてくる


●猿の集団に威嚇されると、どうしようもない.
 遠くから見ているだけ.


●食うに食えない.やっていけない.
 過疎化がいよいよ進んで…
 孤立化
 ますます動物が迫ってくる.

●どうしていいかわからない、と…。


ーーーーーーーーーーーー
大丈夫ですよ。
大丈夫!
まずは知ること。

知らなければ、希望の春はやってきません。


3月には金沢で…。
大げさなことは必要ありません
posted by 大下伸悦 at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする