2017年10月08日

蜂蜜の農薬汚染

 
スイスのヌーシャテル大学の研究者たちは、
蜂蜜の75%が
殺虫剤群で
汚染されていることを発見した。

研究の詳細が、サイエンス誌に掲載された。(スプートニク日本)

研究者らは、全大陸(南極を除く)や
孤立する数多くの島から
蜂蜜サンプルを集め、殺虫剤の影響を調べた

研究者らは、198の蜂蜜サンプルで
最も一般的に使用されている
5種類のネオニコチノイド(化学物質)の検査を行った。

結果、蜂蜜サンプルの75%に
少なくとも1つのネオニコチノイドが
含まれていた。

ネオニコチノイドの濃度
最も高かったのは北米の蜂蜜(86%)、
続いてアジア(80%)、
欧州(79%)、
南米(57%)だった。

また30%の蜂蜜サンプルが
1つのネオニコチノイドを含んでおり、
45%が2つあるいは3つ、
10%が4つあるいは5つの
ネオニコチノイドを含んでいた。

なお研究者らは検出された濃度について、
欧州連合(EU)が定める食品残留基準値を
下回っていると指摘している。

以上、スプートニク記事



これも整流すればいいのかどうか。
おそらく「いい」といえるのではないか、
としか
いまのところは言えない。
posted by 大下伸悦 at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする