2017年09月14日

整流素子と無煙炭の手づくり



地球上の生物は
植物も
動物も
みな、月のリズムで
生を営んでいる。

もちろん
海棲生物も
鳥類も
哺乳類もである。

「栽培ごと」はどうか。

以下の周期を守らなければ
病害や虫(清掃担当)にやり直しを
示唆される。

先日9日の会でお渡しした資料の
とおりである。


◎(新月)の 2日前に種まきをすること。
◎播いてから7日(上弦の月)で発芽する。
◎次の7日(満月)で本葉が出て株が充実する。
◎次の7日(下弦の月)では地上部ではなく、
                 根っこがしっかり伸びていく。
◎最後の7日で地上部が生育をはじめる。
上記のとおり行った場合と、そうでない場合の違いを
観察してみよう。

それを、本にして出版してみよう。
こういっても行うひとは少ない。
だからいうのだけれど・・・。

さて、本日
整流素子の打ち合わせに行ってきた。

無煙炭のつくり方の打ち合わせも開始した。

海性ミネラルも用意してみた。

これから次の行程に入る。

 1月から一斉に「ドン」とスタートを切ろうと思う。

サルが近寄れない、カラスが近寄れない?

シカはどうなのか。
自分で検証してみなければ、確信を持てない部分が
まだある。


みなさん、松岡モデルはどんな塩梅でしょう。

他にも自分のものの方がいいというひとも
いるにはいるが、松岡&前川という富豪になった実績のない人を
追いかけてノウハウコレクターのドツボにはまらないようにして
下さいね。

そこは私の許容範囲ではありません。
地道にコツコツと先駆者の道をたどるようにしてください。

それより、次はゆったりとBIBAで王道を極めていこうでは
ありませんか。
YoutubeもFacebookも・・・

おおした
posted by 大下伸悦 at 18:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする