2017年08月09日

87歳の師は、70年以上、飲まず 食べず 排泄もなし.



70年以上にわたって
食べものも
飲み物も
口にせず、
排泄もない。


しかし、身体は至って健康な
87歳の
プララド・ジャニさん

ジャニさんの話を検証するため、
医師たちは
彼に、
アフマダーバード市の
スターリン病院に
入院してもらいました。

医師たちは
24時間体制の監視の下で、
ジャニさんを観察。

驚いたことに、
15日間まったく飲食を摂らなかった
ジャニさんは

脱水症状になっていないばかりか、


健康状態はいたって良好だったのです。


さらに医師たちを驚かせたのは、
ジャニさんが入院中に

一度も排泄をしていなかったこと。


医師たちはジャニさんの膀胱内の尿容量を
朝晩に測定しましたが、

彼は体内で尿を吸収しているようでした。

ジャニさんの養生の秘訣は、

瞑想、
ヨガ、
チャクラ脳活性健康法ですが、

なぜ絶食しても生存できるのかについては、
科学的に分かっていません。

神経科医のスディール・シャー氏は
記者会見で、


「生物学の科学的視点からは、
奇跡を目撃したと言えます」と
話しました。


一方、インド国防局生理学学会の
イラバジャガン博士は、

ジャニさんのケースを研究すれば、
自然災害などの食料不足の時に
生存率を上げるだろうと話しています。

人間は一生飲まず食わずで生きていける
ということなのでしょうねぇ。
 
以上、大紀元より
posted by 大下伸悦 at 01:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする