2017年05月22日

見事なキャベツ。見事な卵が

 
横浜のキャベツの収穫、巻きがしっかりしていて
大きい・・・。
ピカピカつやつや。

草取り無用(草が生えていない)。
無農薬で
無肥料・・・。

プライドのかたまりのようなキャベツです。

実はウネの下はアスファルトなのです。

それにしても見事です。
10坪から始める売り上げ1000万円プロジェクトの
試験場・・・.
噂に違わない現実です。


赤いネットがおしゃれです。

それにしてもゼロ酵素(ゼロのチカラ)の威力には
驚かされます。

どうすごいのか、ですって?


5月28日の栽培実習、
6月10日の講演会、参加者は、まあ、見学してみて
ください。

小角さんたち、やったねぇ。



ゼロのチカラの1000倍希釈で育った
鶏の卵もすごいです。
殻が固い・・・。
割ろうとしてもなかなか割れない・・・。

宮本さんに「すごいタマゴ」とは伺っていましたが、
本当に感動しました。
黄身も鮮やかです。

注文を入れてもなかなか手に入らないのだそうです。
西村社長(潟[ロ)、ありがとうございました。

一カ月ぐらい放置してみたらどうなるでしょうね。

キャベツも卵もヒカルランドさんに
届けておきましょう。

小角さんのご夫君が畑に鉄の棒を挿してみると、
ススーッと、あまりにも鮮やかに入るものだから、
ご夫君が転びかけてしまったのです。

酵素のチカラはすごいものです。

「酵素の希釈水を撒いてから何日目で
耕磐層がほぐれたの?」

「翌日です」。

「ほんとう?」
ちょっと信じられない思いがしないでも
ありませんが・・・.

再現性はどうなのでしょう。

別な方の試行例の報告を
待ちたいところです。

おおした
posted by 大下伸悦 at 04:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする