2012年10月24日

gopクラブハウス「なぎそ流水亭」開館、どうぞご利用を…

 
なぎそのGOPクラブハウスをオープンして早々に
本日、アメリカからもGOPのお仲間がいらっしゃるとのことです。
この妻籠宿は外国からの観光客も多いのです。
江戸時代の町並みがそのまま残るのですから観光スポットとしては
魅力的ですよね。
今週末にも泊まり掛けの方々が訪れるとのことです。
ご利用に際しては
森のイスキアをイメージしたらいいのではないでしょうか。
佐藤初音さんを若くしたイメージで西尾美佐緒さん。
心身を自然体に戻して帰るという感じ…。
テレビも新聞もない。
かといって人里から離れているわけでもないですし、
なぎそ駅からも車で5分…。
妻籠宿からの深夜バスもあります。
食事はシンプルに、かつ完全なる自然食です。
米に含まれる水の情報が秀でています。
なぎそみなとや農園のお米、四国の白鷺が舞い降りるGOP池田農園の
お米、天草の自然農川崎さんのお米、千葉の猪野尾さんのお米等々…。
醤油も味噌も手づくりで生。(生きている)
実は50年味噌も含まれています。
梅干しは南高梅の完全自然栽培で有名な寺垣農園の完熟梅を大下が
漬けた梅干しです。
梅酢もいいですよ。
なんといっても漬物がすばらしい。
もちろん、野菜サラダも…。
西尾さんのお母さんの畑から採れた自然な野菜で
手づくりされるのです。
地産地消というより、自産自消の旬菜旬食なのです。
この極自然さがうれしいですね。
塩は、伊勢の焼き塩です。これだけだって健康体へと
回復していきます。
ポン酢も手づくり
手づくり酵素飲料もたくさんあります。
17年もの酵素、16年もの酵素も用意されています。
ホメオパシー酵素もあります。シソジュースもおいしい。
春の七草酵素の威力はすごいですよ。
時々開催されるローフード体験講座も注目です。
ここのお米の乳酸菌は強力です。
お風呂でシュッシュ、洗濯にも最適です。
おいおいと、手づくり豆乳ヨーグルトも用意していきます。
お茶は自然栽培手摘みのものが各地から集まりますが、
地元の手摘み茶もおいしいです。
自然栽培の甘茶も置いていますよ。
温泉はないのかな、という人には、近くにもありますが、むしろ車で15分のところが
お奨めとのことです。
でも、私はここのクラブハウスのお風呂をお奨めします。
この地域の水は、そもそも生命活性の特徴を持つミネラル山水です。
なおかつ、流水亭のお風呂は
飯島秀行(テネモス)さんの活性水装置を通した圧縮水です。
マコモ風呂には「生きた石鹸まこも入り」やシャボン玉石けん等が整っています。
食べても無害なのでしょうが食べないでくださいね。
体調よろしくない人は風大和研究所の極上の水を飲ませてもらえるでしょう。
更に大下推奨のナノバブル水も控えています。
もちろん、飯島さんの水もお味レベルだといえます。
さて、
早速、10月30日には市川加代子先生の講座が開かれます。
なんと、台所にある野菜で健康が回復されていくのです。
食べるだけだと思ったら大間違いです。胸に貼ったり、ガーゼに包んで
とんとん叩いたり足を温めたり…。
30数年の経験に裏打ちされているのです。
難病の方が多数訪れる…。
アトピーが解消した方は数え切れず、末期ガンの医療関係者が
よく訪れるそうです。
なんと10月30日は、東京・名古屋・大阪・京都・静岡・神戸・福岡等での講演に先駆けて、
少人数で市川先生から教わることができる。
なんで南木曽で?というかも知れませんが、この空間だからです。
そしてオープン記念だからです。
健康を損ねていて深刻な状態にある人や、その縁者が集ってくれたらいいと思います。
火曜日という平日にしたのはそういう人に集まってもらう為です。
野菜で自然な身体へと回復していく。自分が家族を健康体に回復させるようにしていくのです。
わたしも合流するかも知れません。
その場合のわたしのテーマは「生活費を下げて健康になる」です。

ゆっくりと1泊して、妻籠宿観光をして帰られたらいかがでしょうか。
参加費は3000円、宿泊込み4000円、お食事は別途、美佐緒さんに
ご相談してみてください。
大下
posted by 大下伸悦 at 12:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする