2019年01月01日

「たのしい」から始めましょう

こぞことし(去年今年)…

「こぞことし」とは、
去年でも今年でもない「刹那」…。

時間の概念を外した刻(とき)のことですね。

除夜の鐘の響きのなかで
その「刻」を我が身に刻み、そして
年神さまを迎え入れる。

記念に、
大根を育苗パッドにして
大根のタネを
蒔きました。

そのあと、
ジャガイモを育苗パッドにして
ミニトマトの種を
蒔きました。


イチジクもナスも
挿し木として
ジャガイモの育苗床に
挿し終えました。
土を用いませんので
室内で、しかも卓上で行えます。

栽培ごとは、
気分転換にはうってつけですね。

さあ、新年も…
「ただしい」ではなく…
「たのしい」…から
始めましょう。

新年あけまして
おめでとうございます。

新年もまた、
今生で味わえる
希少な、貴重な一年です。

上手な旅路といたしましょう。

本年もお導きのほど
よろしくお願い致します。

おおした
posted by 大下伸悦 at 05:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする