2018年11月18日

本日も「熱中時代」を満喫…

◎16日は京都から
吉彌信子さん(地球環境共生ネットワーク役員)
御一行と
屋外での楽しい一日を
過ごさせていただきました。

いらして早々、ミカン摘みをして戴き
ガーデンパラソルの下での
栽培談義…。

吉彌さんの環境浄化活動は
確か20年以上になるはずです。

EMダンゴによる宝ヶ池?(国際会議場の池)の
浄化に始まり、現在は淀川の浄化を
していらっしゃいます。

誰に知らせることなく
ズゥ〜っと続けていらっしゃるのです。

現在、そのような方々が3万人以上に
膨れ上がっているはずです。

日本だけではありません。

EMといえば、比嘉照夫先生、
世界で最も有名な日本人、といえば
比嘉先生でしょう。

先日はUSAのマサチューセッツ工科大学(MIT)に
請われて講演をなさってこられたそうです。

日本が変わる.世界が変わる…
私たちひとりひとりから世界が変わる…

先日、ある出版社のトップとの
会話の中で比嘉先生を話題にしたら
「比嘉先生というと、
何か新鮮味がないかなぁ」と
おっしゃっておりましたが…、

実は私も昨年の前半まではそうでした。

ところが、ところがですよ。
私は比嘉先生のお話を伺って
ビックリ仰天…、椅子から
転がり落ちそうになりました。

「比嘉セオリー」だけでもすごいのです。
猿やカラスや猪/鹿が化繊の紐を
四方に張るだけで近付かない…。

しかし、東京湾が浄化され、
霞ヶ浦(北浦)が浄化され…、など等
全国規模で「善循環の輪」が
広がっているのです。

比嘉先生はどんな方ですか?と
問われたら私は即座に「愛です」。
「愛そのものです」と応えるでしょう。

私としては「今年に続き、
2019年の新春の集いでも比嘉先生に
くらいついていこうと
思っております。

16日の吉彌さんたちとの栽培談義は
楽しかったですよ。
旧知のあべさんとも久しぶりに
お会いしました。

大阪からの植村さんは、
私に代わっての案内役/撮影役に
徹してくださいました。

みなさまには、初めて出遭う
「らくで自然で栽培効率のよい栽培法」
だったでしょう。

だいこんが30日で販売に回されたり、
まあ、ビックリびっくりビックリの
連続だったでしょうね。(笑

楽しい一日でした。

◎冬越し支度を終えたトマトが
安心したかのように
色づきはじめましたねぇ。

◎きゅうりが健やかに育っております。
今日からは支柱に固定します。
数えたら40本ありました。一本を
二股で育てれば80本分になりますが、
すべて順調にいくとは
限りませんね。

超プロの知人たちは
300坪1000万円以上売り上げて
いらっしゃるのですから、
8坪弱だと、27万弱は可能なのかな?
などと、
採らぬきゅうりのカネ勘定…(笑

「風にあたれば
気温が和らぐような
情報を記憶させる」ための
希釈液を噴霧しはじめます。

地面の40a下の地温は、
18℃です。
もう少しあがってほしいですね。

本日も「熱中時代」を満喫して
います。

--------------------------------
11/16
◎11月15日は、トマトの冬越し支度を
終えました。

有りあわせのものを工夫しての
セッティング…。
創意工夫の結晶なわけですからね…。

気持ちの良いものです。

「微風」をどういう形で
発生させるか。
「下方からの微風」がいいわけですね。

地温は18℃…、あと3℃は
上げたいところです。

◎本日は「地球環境ネットワークの役員」の方々が
お見えになられます。

◎来春の新春の集いの手配が
できておりませんが、「必要必然ベスト」と
いうことで、ゆったりのんびり参ります。

本日もとってもしあわせです。

おおした

よく実りだしています。
posted by 大下伸悦 at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

トマトの冬越しの支度、完了….うれしいものです



◎きのうは、トマトの冬越し支度を
終えました。

有りあわせのものを工夫しての
セッティング…。
創意工夫の決勝なわけですからね…。

気持ちの良いものです。

「微風」をどういう形で
発生させるか。
「下方からの微風」がいいわけですね。

地温は18℃…、あと3℃は
上げたいところです。

◎本日は「地球環境ネットワークの役員」の方々が
お見えになられます。

◎来春の新春の集いの手配が
できておりませんが、「必要必然ベスト」と
いうことで、ゆったりのんびり参ります。

本日もとってもしあわせです。

おおした

よく実りだしています。
posted by 大下伸悦 at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

自生のトマトを保護します



◎地温計と気温計が
必要かな?

今夜は添い寝をしてやろうかな。

さて、今日は
自生のトマトの保護に
取り掛かりましょう。

冬越しトマト…。
小さな囲いではうまくいきません。
何度も経験済みです。

しかし、その小さな囲いで
上手くいかせるには?

どれどれ
まずはひと工夫…。

本日もとってもしあわせです。
posted by 大下伸悦 at 10:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする