2018年09月01日

雨だ雨だよ、さあ、遊ぼう



●「雨が来るぞぅ!」
 「さあ、植えるぞぅ!」

昨日のことです。

このウネにはキャベツ!
隣のウネにはハクサイ!
その隣には レタス!
更に隣には 小松菜!

奥のだいこん特区(5列)には、
欠株の補植!
(それにしても元気よく育っております)

●次!
 イチジクの樹のある耕区へ移動!

ほうれん草(根が赤い次郎丸)の種子を
15bの可動ウネに播き終え、

アサツキと分葱(わけぎ)の移植も
終えてしまいました。

●イチジクの樹の鳥獣忌避ラインは、
雀には効果がありません。
そこで、結線を追加し終えたのです。

小ネギの種まきは次回にまわします。

●雨のときは、その場に生えている植物から
培養した土着の微生物を撒きます。

「さぁ、土をつくるぞぅ!」
「誰が???」
「微生物群が…」(笑

土づくりは、雨の日に
2gのペットボトルを傾けて
終わりです。

本日は千葉の木更津です。
初めて海ホタルを通過します。うれしい!

おおした
posted by 大下伸悦 at 05:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーマーケットへの働きかけも視野に…(再編集)

2018/8/31

◎町内のスーパーマーケットに
出向くのは始めてです。

自然災害のあとに必ずと言っていいほど
報道されるのが
「野菜/果菜類の高騰」です。

そのとき採りあげられるのは、
野菜果菜類の主要品目として
14品目です。

その主要品目は、
私たちの生活を支えていくうえで
欠かせないものだということなのでしょう。

これらの野菜類や穀類や魚介類が
人々の命を支えているのです。が、

それに携わっているのは、
政治家ですか?
公務員ですか?
評論家ですか?

食財供給によって人々の生存に貢献しているのは
栽培者です。運搬するひとです。
供給するひとです。

ファーマーズマーケット(生産者による直売所)が
世を席巻し始めているのは、
「栽培と、運搬と、販売を自分で行っている」、
「自分が食べている安全な野菜をおすそ分け」
しているという点と、

「廉価(れんか)で採りたて」というスタイルが
信頼を得ているからです。

●家庭菜園は気ままにできていいですよね。
「野菜を栽培して家族の健康を護ろう」という、
その動機だけで充分ともいえます。が、

その先に「多くの人に貢献する自他貢献の道」が
あります。「販売にも責任を持つ」ということです。

●生きがいが生まれます。
想像をし、創造していくという叡智の世界へと
回帰していきます。

●さて、今回たずさわっている菜園開拓も
8月末で4か月半となります。

予想もしていなかったであろう「生れてはじめての起業」
だったことでしょうが、

次の段階へと進みます。

「直売所/JAを通じた大規模市場」…、と
進めてきたのですが、
それ以外の販路も視野に入れておく段階でしょう。

「小荷物で個別に発送する」というのは、ここでは
後回しです。苦労するからです。

●次は、地元や近隣のスーパーマーケットとの
直接取引です。

地元のスーパーマーケットに
はじめて行ってみました。

※その時期に「地元では採れないもの」を
無農薬/無肥料で、しかも虫食いのない優良野菜を

「本日の目玉セール」として扱ってもらう…。

そのようにひらめいたので働きかけをはじめよう、と
思ってのことです。

責任者に「耕区(栽培現場)まで
足を運んでもらう」、その段階まで
漕ぎつけられればいいでしょう。

こちらは、「起業」での投下資本はゼロ」と極論しても
いいぐらいで推移しているのです。

●市場開拓費として位置付けたとき
「自然農キャベツを200個、単価40円で提供しますよ」
「〇〇スーパーさんの評判があがるのではないでしょうか」
などというはたらき掛けをして、
遊んでみようか、と思うところであります。(笑

●そのためには、「感動を与える耕区へ」と
整備しておくことが必要です。

案外と美観が大事なのです。
効率も必要になってきます。「ウネの稼働率」と
「思いつきもしなかったところをウネ化すること」
です。
すると、そこは草に煩わされることがなくなり、
しかも、販売額を増やしてくれるのです。
動線も短くなり効率がアップします。

したがって毎日、目まぐるしく変化しています。
自分でもついていけないぐらいです。(笑
「Kさんはよくついてこれているなぁ」(爆

しかし、きれいです。不耕起の耕区とは思えない…。
しかも機能的です。
廃品利用がほとんどで、1200円程度の
マルチフィルムを4日ほど前に
初めて購入したほどです。

200bですから、10bのウネ20本に
敷設したとして、ひとウネ経費60円/一年…。

3年は使うでしょうから、ひとウネ20円です。
(止めるピンが必要、土で覆えばゼロ)

●「草地や初利用地」が、直感(ひらめき)で
どんどんきれいになっていくのです。

●人生って楽しんだもの勝ちなのでは
ないでしょうかネェ。

●そういえば、明日は千葉木更津です。
ニューメディアとして
文芸アカデミーの報道番組が
始まります。乞うご期待!

ところで、どこへ行けばいいのだろう。(笑

おおした(誤字があったらごめんなさい)
posted by 大下伸悦 at 05:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする