2018年08月09日

ドイツ野菜のポートゥラックで販売してもいいのか?

●優れものの野菜を
どこの国の野菜名で販売したら
いいだろうか、ということを
考慮中です。
ドイツでは「ポートゥラック」…。
西洋の風を感じると、
みなさん一目おきますからね。 

●さて、摘みたて野菜の手づくりスムージーで
体重が18歳時の58sへと戻り、
ポートゥラックというスムージー中心の
食生活がクセになりました。

午後から台風が直撃するというので
急いで関東から移動してみると、
岐阜の岐南町は猛暑です。

さて、ポートゥラックという葉野菜は、
ドイツの野菜です。

英語圏では、パースレインという野菜…。
フランスでは、プルピエという野菜…。

日本では、沖縄と山形の一部と私のところでは
野菜です。
山形では「ひょう」という名称なのだそうです。

知らないひとは、雑草「すべりひゆ」と
認識してしまうのでしょうか。

●私は、脳梗塞や心筋梗塞の心配を
する必要がなくなりました。

イワシやサバやニシンを食べなくても
オメガ3脂肪酸が豊富なポートラックを
スムージーで摂っているのです。

●さて言葉遊びを
しているのではありません。

ドイツから取り寄せた種子を
播けば、れっきとしたドイツ野菜の
ポートラックを収穫して
販売できる、といいたいのです。

フランスからの種子を播けば
フランス野菜のプルピエを
販売でき、
英語圏からの種子なら
正真正銘のポートラックを
販売できると思っているのです。

雑草扱いされているものを
販売するのでは
余計な雑音を乗り越えなければ
いけません。

「西洋野菜の種子を
入手して植えているのですが、
なにか?」
「青魚を食べなくても、菜食のみで
オメガ3脂肪酸が補えるのですよ」

「血圧や高脂血をお悩みでは
ありませんか」

「ビタミンCやBが豊富なのですよ」

●「なになに? 購入するおカネが
惜しいですって!」
「ならばスベリヒユを摘んで食べたら
いいでしょう」
「そもそもはインド経由で
明治後半に日本に入ってきた
西洋野菜です」

●私がスムージーにしているのは、
オランダで採種された
パースレインの種子から育った
野菜を使っております。

●「夏パースレインと、冬パースレインが
あるのですか」と
訊いてくるひとがいます。

両者は、葉の形状が違います。
そもそもは耐寒性に劣る野菜ですから、
冬パースレインは、販売に回しません。

●冬パースレインの種子は持っています。
播き時は9月10月です。

●雑草扱いのスベリヒユは、「草抑え」として
播きます。20a間隔です。

ヘアリーベッチとともに、春と夏の草抑えで
活躍していただきます。

おおした
posted by 大下伸悦 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ野菜のポートゥラックで販売してもいいのか?

●優れものの野菜を
どこの国の野菜名で販売したら
いいだろうか、ということを
考慮中です。
ドイツでは「ポートゥラック」…。
西洋の風を感じると、
みなさん一目おきますからね。 

●さて、摘みたて野菜の手づくりスムージーで
体重が18歳時の58sへと戻り、
ポートゥラックというスムージー中心の
食生活のリズムがクセになりました。

午後から台風が直撃するというので
急いで関東から移動してみると、
岐阜の岐南町は猛暑です。

さて、ポートゥラックという葉野菜は、
ドイツの野菜です。

英語圏では、パースレインという野菜…。
フランスでは、プルピエという野菜…。

日本では、沖縄と山形の一部と私のところでは
野菜です。
山形では「ひょう」という名称なのだそうです。

知らないひとは、雑草「すべりひゆ」と
認識してしまうのでしょうか。

●私は、脳梗塞や心筋梗塞の心配を
する必要がなくなりました。

イワシやサバやニシンを食べなくても
オメガ3脂肪酸が豊富なポートラックを
スムージーで摂っているのです。

●さて言葉遊びを
しているのではありません。

ドイツから取り寄せた種子を
播けば、れっきとしたドイツ野菜の
ポートラックを収穫して
販売できる、といいたいのです。

フランスからの種子を播けば
フランス野菜のプルピエを
販売でき、
英語圏からの種子なら
正真正銘のポートラックを
販売できると思っているのです。

雑草扱いされているものを
販売するのでは
余計な雑音を乗り越えなければ
いけません。

「西洋野菜の種子を
入手して植えているのですが、
なにか?」
「青魚を食べなくても、菜食のみで
オメガ3脂肪酸が補えるのですよ」

「血圧や高脂血をお悩みでは
ありませんか」

「ビタミンCやBが豊富なのですよ」

●「なになに? 購入するおカネが
惜しいですって!」
「ならばスベリヒユを摘んで食べたら
いいでしょう」
「そもそもはインド経由で
明治後半に日本に入ってきた
西洋野菜です」

●私がスムージーにしているのは、
オランダで採種された
パースレインの種子から育った
野菜を使っております。

●「夏パースレインと、冬パースレインが
あるのですか」と
訊いてくるひとがいます。

両者は、葉の形状が違います。
そもそもは耐寒性に劣る野菜ですから、
冬パースレインは、販売に回しません。

●冬パースレインの種子は持っています。
播き時は9月10月です。

●雑草扱いのスベリヒユは、「草抑え」として
播きます。20a間隔です。

ヘアリーベッチとともに、春と夏の草抑えで
活躍していただきます。

おおした
posted by 大下伸悦 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ野菜のポートゥラックで販売してもいいのか?

 
●摘みたて野菜の手づくりスムージーで
体重が18歳時の58sへと戻り、
ポートゥラックというスムージー中心の
食生活のリズムがクセになりました。

午後から台風が直撃するというので
急いで関東から移動してみると、
岐阜の岐南町は猛暑です。

さて、ポートゥラックという葉野菜は、
ドイツの野菜です。

英語圏では、パースレインという野菜…。
フランスでは、プルピエという野菜…。

日本では、沖縄と山形の一部と私のところでは
野菜です。
山形では「ひょう」という名称なのだそうです。

知らないひとは、雑草「すべりひゆ」と
認識してしまうのでしょうか。

●私は、脳梗塞や心筋梗塞の心配を
する必要がなくなりました。

イワシやサバやニシンを食べなくても
オメガ3脂肪酸が豊富なポートラックを
スムージーで摂っているのです。

●さて言葉遊びを
しているのではありません。

ドイツから取り寄せた種子を
播けば、れっきとしたドイツ野菜の
ポートラックを収穫して
販売できる、といいたいのです。

フランスからの種子を播けば
フランス野菜のプルピエを
販売でき、
英語圏からの種子なら
正真正銘のポートラックを
販売できると思っているのです。

雑草扱いされているものを
販売するのでは
余計な雑音を乗り越えなければ
いけません。

「西洋野菜の種子を
入手して植えているのですが、
なにか?」
「青魚を食べなくても、菜食のみで
オメガ3脂肪酸が補えるのですよ」

「血圧や高脂血をお悩みでは
ありませんか」

「ビタミンCやBが豊富なのですよ」

●「なになに? 購入するおカネが
惜しいですって!」
「ならばスベリヒユを摘んで食べたら
いいでしょう」
「そもそもはインド経由で
明治後半に日本に入ってきた
西洋野菜です」

●私がスムージーにしているのは、
オランダで採種された
パースレインの種子から育った
野菜を使っております。

●「夏パースレインと、冬パースレインが
あるのですか」と
訊いてくるひとがいます。

両者は、葉の形状が違います。
そもそもは耐寒性に劣る野菜ですから、
冬パースレインは、販売に回しません。

●冬パースレインの種子は持っています。
播き時は9月10月です。

●雑草扱いのスベリヒユは、「草抑え」として
播きます。20a間隔です。

ヘアリーベッチとともに、春と夏の草抑えで
活躍していただきます。

おおした








ポートゥラック(ドイツ名)
posted by 大下伸悦 at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする