2018年07月05日

ストレスフリーの理想のお仕事の勧め

●ストレスフリーの理想のお仕事の勧め

「栽培ごと」を始めて
3ヶ月で「野菜を毎日販売」し、
生計も立つようにする。

新天地で上記の課題に挑み、
見事に達成してしまいました。

自身の野菜が他者貢献を
するようになり、
各人が自身のペースで
日々、販売額を手にして
企業家となれるのです。

栽培は、らくですよ。

さて、新天地での
だいこんの発売初日は、
葉付きだいこんの葉っぱを
わざわざ分離して
置いて帰る購入者が
多かったのですが、

翌日からは、おいて帰るひとが
皆無となりました。

ほんもの野菜と出逢うと
長年の買い物行動が
変わってしまうのですね。

この評判の高かった
すべすべ肌の色白だいこんの
芽が出なかったところに
補植をしたのです。が、
横浜などに15日以上滞在のあと、
戻ってから種を埋めたのです。

そのだいこんが旬を迎えました。
7月に入ったというのに
見事なだいこんです。

うれしいものですね。

夏でも葉物野菜は摂らなければ
ならない大事な野菜です。

そこで、レタスやほうれん草、
小松菜やハクサイキャベツを
通年で栽培していきます。

これらの葉物野菜は、暑さに
弱いのです。

そこで、保険的な意味合いで
空芯菜(くうしんさい)を
栽培して販売するようにして
います。

これってクセがなくって
おいしいですね。

7月です。
しかし、レタスも小松菜も、
白菜もほうれん草も
水菜も、みんな元気です。

露地での栽培でですよ。
栽培上の苦労は何もありません。

あっけないほど、らくですよ。

ある女性はファーマーズマーケット
(直売所)でだけで
年700万円の販売額だそうです。

荒利率?
80%ぐらいなのかな。(ほんと。マジで)

ジャガイモも熱さに弱いのですよね。
しかし、ストロー植えは、病害知らずの
虫害知らずです。
もうすぐ、親ジャガからの4番苗を
採取します。

丹波黒豆を苗ポッドで
芽出しし始めました。
これは、黒豆生茶で使ったあとの
ふやけた黒豆をチャッカリと
苗にしようという試みです。

苗も販売できるのですよ。
花も販売できます。

年齢は関係ありませんよ。
80歳にして
やっと理想の生き方に出合えるのかも
知れません。

穴あけ棒があれば、それだけで
栽培が継続できます。

おおした
posted by 大下伸悦 at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする