2018年06月10日

売り上げはいくらに設定する?



 「栽培ごと」を始めたばかりだというのに、

 あれよあれよという間に
「地元野菜の直売店」での販売が始まった。

始まってみると、
自分のためにという動機で始めたはずの
「栽培ごと」から、「他者への貢献のための
新鮮野菜の提供」というように意識が
転換されていることに気がつく。

 すると、「より多くのひとが欲している野菜を
つくろう」、「より多くのひとは、気まぐれな
出荷を望んではいない」ということに思い当たる。

毎日、出荷することによって信頼関係が
醸成されていく。

レタス・水菜・大根・小松菜というように
出荷され始めて間もないのだが、早くも評判になって
いるようだ。

それはそうだ。
この時期に大根を出荷しだした人がいて、しかも
肌がすべすべなのだ。

どの野菜も洗わずに食べられる。

朝採りでもいいのに、わざわざ夕採りにしている。
朝採りを謳う方が受けはいいかも知れない。
しかし、朝採りだと栄養価が落ちるのだ。

植物は呼吸で、昼には2酸化炭素を吸い、
酸素を出している。が、

夜間には、酸素を吸って2酸化炭素を吐き出している。
昼に光合成でつくった養分を、夜には体内消費している。

ともかく、自身が関わった野菜を心待ちにする人たちが
出始めた以上、
「気まぐれ出荷でいい」というのは
どうも気が引けてしまうという気分にさせられる。

結果として、売上金が発生する。
この「売り上げ金」が日々発生する現実が
生き方をアグレッシブにする。

年間売り上げをいくらに設定するのか???

あなたは、いくらに設定しますか?
posted by 大下伸悦 at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする