2018年06月04日

「すべりひゆ」という自生野菜が生えてきだした



「すべりひゆ」が生えだすと
そろそろ梅雨の入りか」
「そして、いよいよ夏か」と
いう思いがしてきます。

生えてくるものには、
西洋種は含まれているのかどうか、
それを見極めてから
播種を見極めようと思います。

4月に植えた玉ねぎが勢いづいて
来ています。

白菜が植えて間もない、とは
思えぬぐらい大きくなっているのには
驚きました。
手始めに66本株分の種子を敷いたのですが、
欠株は1でした。
しかし、勢いが弱いところは補植します。

このまま上手に行けば
年4回植えて4回収穫、出荷が見込めます。

高齢者の栽培は、
栽培時期をずらして収穫時期を
分散する工夫が必要となりますね。

2度目以降は、極力、苗取りに努め、
種子からの栽培を省略するようにしたいですね。

親キャベツからの2度目の苗取りは
もうすぐです。
posted by 大下伸悦 at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする