2018年05月01日

草地は土を掘り起こさなくても耕地になる

IMG_1031.JPG草地が耕地に早変わり。
海洋性ミネラル溶液を撒けば一日でこうなる。

撒いた溶液は、やがて植えた植物の栄養になっていく。

撒いた後は
「そこの植物から培養した手づくり微生物群」を
散布する。

EM希釈液でもよい。
これが「比嘉セオリー」…。

私の本で紹介済みの
飯山式栽培法の場合は
原液を散布する。

なぜ原液を散布するのか?
ヒントは健康な人間の腸内のpHと
ほぼ同じpHだ、というところにある。
posted by 大下伸悦 at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする