2018年05月31日

香り立つ梅.そしてビワ



ビワの初生り、初収穫ともなれば
やはり神聖な気持ちになります。

過去の経験からいえば
まだ実が生る年数ではないはず…。
粒の大きさにも驚かされます。

雨が降ってきそうなので
続いて、完熟に近い梅の収穫を
急ぎます。

第2期工事で伐採もやむなしか、と
一瞬ではあっても
そのように思ってしまったことが
ありましたが、
このように今年も収穫できることに
感謝感謝です。

かすかに桃の香りがしてきます。
南高梅ではないのに
大きさは南高梅並みの大きさです。

梅の実のなかの種を「じん」と
いうのだそうですが、
梅干として漬けこんでから
3年を経た「じん」を
食べると薬効が高いのだそうです。

逆にそれより若いものは
口にしないように、
とも言われています。

収穫し終わったと同時に
雨が降り出しました。

そろそろ梅雨の気配が
してきましたね。

銀杏の木の周辺に
積み上げられていた石や
大型タイルのたぐいを
分散する合間の収穫でした。

梅はまだ色づいていないものは
次回の楽しみに残して
おきます。

葛(くず)の蔓(つる)を
大量に採取しましたが、
雨にあてずに乾燥させて
煎じて飲むことで
髪を黒くさせるべく
試みようと思っているところです。
posted by 大下伸悦 at 03:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

草に困らない田んぼづくりの例



Mさんとの田んぼ談義(回答)
(夏場の、草に困らない田んぼの運営の仕方の例).

@耕起を5a以内にする。(グライ層には触らない).
A水平をしっかりととる。
B代掻きも同様にするが、細かくていねいにする。


C田植え後、8日目に米ぬかペレット(10a当り30s)
D上記から10日後に米ぬかペレット(10a当り20s)
E5日後に一旦、落水.(あおみどろ対策として落水)
Fすぐに水を入れる。
G5日後、米ぬかペレット(10a当り18kg)
H上記のあとは、深水(16p)
I田植えから55日後、中干.(水切り2〜3日)


※米ぬかペレットは、EMショップにあるようです。
(EM米ぬかペレット)

上記内容は二宮さん、Mさん用
posted by 大下伸悦 at 20:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院に行っている場合ではない。



野菜などの直売所ができて
そこの売り場にご自身の野菜を
出すようになった方々の
反応は、

「面白くて
ゲートボールをやっている場合では
なくなった」。

「病院に行っている場合ではない」。
など、喜びの声が
聞こえてくるようになった。

とのエピソードがある。

生きがいが
人の人生をイキイキと
よみがえらせていく…。
posted by 大下伸悦 at 14:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする