2018年05月25日

横浜の新たな菜園もいい感じです。

横浜の駐輪場裏にずらりと
並んだエイトポケットプランターの菜園では
イチゴの列と
ジャガイモの列が旺盛に育っております。

食事はレタス三昧という感じ。

岐阜の岐南町に戻れば
「親ジャガイモ」からの
苗取り第2弾の「ストロー植え」が待っています。

第一陣は「58本差し」でしたが、
第2陣はいまのところ、
あまり本数は出てきていませんが、
本来は成果ゼロだったのですから、楽しいですね。
命とかかわっていると
生体が整流されるといえばいいのでしょうか。
生き方に一本の筋が通る感じがします。
携帯電話もスマホもないと、現地情報も拾えません。


しかし、横浜は横浜でやることが結構あります。
posted by 大下伸悦 at 15:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

次回の南木曽はお世話になった方々へのあいさつ回り.



その場に生えている草を漬け込んで
有用微生物群を培養し、
土壌をつくっていく流れは
軌道に乗せた。
これは、液体で用いられるものである。

次は、植える穴に落とし込んでいく
「固体」のほうの培養物づくりである。

これには2種類ある。

いよいよその段階に入る。

やっと周囲を見渡す余裕が
出てきたようだ。


ここで、
長野県の南木曽で
やり残していることに
目を向けなければならない。

岐阜県岐南町への移動にあたり、

新天地の耕地はめでたく
稼働し始めたのだが、

南木曽の方については、
本日でひとまず
積み残しの荷物類の処理を
し終えたものの

もっとも大事なことが
まだである。

それは、
お世話になっている方々への
ご挨拶がまだである。

そのために
もう一度
伺うのが楽しみである。

かといって
南木曽に来るのが
それで終わりというわけではない。

むしろ
いままでより
来る回数は増すだろう。
posted by 大下伸悦 at 17:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桑の実に木いちご.ごぼうににんじんに玉ねぎ



南木曾の畑で
ひとり快適な8時間を過ごした。

強い日差しのなか
桑の木の下は
むしろひんやりとして涼しかった。

桑の実が赤い。まもなく紫色に
熟す。

ここに生えてきたのを
刈り取らずに生えるに任せていた。

枝先は私の背丈より低いので
のれんをくぐってはいる感じである。

その隣には3bほどの帯状に
木いちごの群生が大きく伸びてきた。
この木いちごも当初はなかった。
生えるに任せていたら
別天地のような空間になった。

もうすぐ食べごろに実るだろう。

岐阜に携帯電話を忘れてきた。
スマホも見当たらない。

南木曾に1泊して
ただいま中央本線の車中にある。

まずは横浜に向かおう。


三日月形に弧を描いたような畑の
posted by 大下伸悦 at 08:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする