2017年12月30日

主役は自分




来年のテーマ

ひとりから世界が変わる
主役は自分!!

今生での生は、やがては終わる
今日という日を楽しんで生ききる




===============================================
・ひとりから世界が変わる!自然がどんどん蘇えっている.
私たちにはそれができる!自分が自然界に貢献していることが実感できる.
だから、議論には加わらず、楽しんで生きていくことができている。
人生の主役は自分です。「第22回新春の集い.  関西1月7日(日).関東1月13日(土)」

・映像作家鈴木知之監督のドキュメンタリー映像、感動ものです。
なお、全国の利他に生き、自然をよみがえらせている方々を
シリーズで紹介していく予定です。

・有用微生物群で河川を浄化23年、地域ぐるみで生ごみ循環システム、
初めはひとりから。そしてご夫婦で、それから行政ぐるみに。
常総の恒川敏江さんと緑の会のご紹介から始まります。
1月13日、ご登壇頂きます。1月7日は京都の自然環境再生先駆者に
ご登壇頂きます。
そして、次は京都、そして愛知・・・。この愛知がまた、すごいのです。
福島はもう「うつくしまパラダイス」になってきています。
・2017年度は「横山卓先生」の療法をご紹介してきました。
びっくり現象をお見せいたしましょう。

・1月13日の会場近くの鶴見川で
東京湾と川の浄化プロジェクトが始まりました。
田中清一郎さん、小角にご登壇頂きます。人生は自分が主役!

・大阪の中心部で「ベランダ・屋上菜園」をなさっている康村浩さんの
栽培法が出版されました。これから日本中に広がっていくことでしょう。
1月7日、お披露目となります。人生は自分が主役!

・末永郁さんの農業人生!ニワトリとの歩みの始まり。
続々と、続々と…。人生は自分が主役!

・野の花アーチストの美の世界が出版されます。
・文芸アカデミーの出版社は、魅力的ですよ。しかし、加津間広之さんの
本はヒカルランドから間もなく出版となります。これは歴史に残る本です。
人生の主役は自分です。

・ビオトープの真ん中で育ったお米をお分けします。
ビオトープ内での稲作20年。
小ブナがたくさん泳いでいます。カブトエビも、豊年エビも…。
ゲンゴロウも、メダカも、ドジョウも、ヤゴも…。
実に美しいビオトープ田んぼです。
長野県の佐久平、千曲川の旅情豊かな川のそばです。5キロ単位。
メールアドレス:usudase@yahoo.co.jp TEL:0267‐62‐9591
米作アーティスト臼田節夫さん宛て。


1月13日は、臼田さん、末永さん、池崎さん、ほかに
3名の方が登壇なさいます。人生の主役は自分です。
posted by 大下伸悦 at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

正真正銘のビオトープ米、実は初めて食べてみました。驚きました。

この2か月、いろいろ事情があって
穀物をほとんど摂らない生活をしていました。
一日1食です。

長野県佐久の
臼田さんのビオトープ田んぼのお米を
昨日初めて口にしました。

有用微生物農法比嘉セオリーで20年栽培しております。

夏休みなどは、ビオトープのなかで
子どもたちが魚を追って遊んでいます。

大体私が紹介するお米は、特別な栽培米ですが、
この臼田さんの米は食後感がまったく違うのです。

翌日になっても
舌が感動をしているのです。

ビックリしました。
プレゼント用の新米が届きまして、
あと数個で終わる前年度米を炊いてみたのです。

しかし、驚きました。
「マイウー」とか言ったレベルではありません。

新春の集いでは、いよいよ新米をお届けします。

おおした


===============================================
・ひとりから世界が変わる!自然がどんどん蘇えっている.
私たちにはそれができる!自分が自然界に貢献していることが実感できる.
だから、議論には加わらず、楽しんで生きていくことができている。
人生の主役は自分です。「第22回新春の集い.  関西1月7日(日).関東1月13日(土)」

・映像作家鈴木知之監督のドキュメンタリー映像、感動ものです。
なお、全国の利他に生き、自然をよみがえらせている方々を
シリーズで紹介していく予定です。

・有用微生物群で河川を浄化23年、地域ぐるみで生ごみ循環システム、
初めはひとりから。そしてご夫婦で、それから行政ぐるみに。
常総の恒川敏江さんと緑の会のご紹介から始まります。
1月13日、ご登壇頂きます。1月7日は京都の自然環境再生先駆者に
ご登壇頂きます。
そして、次は京都、そして愛知・・・。この愛知がまた、すごいのです。
福島はもう「うつくしまパラダイス」になってきています。
・2017年度は「横山卓先生」の療法をご紹介してきました。
びっくり現象をお見せいたしましょう。

・1月13日の会場近くの鶴見川で
東京湾と川の浄化プロジェクトが始まりました。
田中清一郎さん、小角にご登壇頂きます。人生は自分が主役!

・大阪の中心部で「ベランダ・屋上菜園」をなさっている康村浩さんの
栽培法が出版されました。これから日本中に広がっていくことでしょう。
1月7日、お披露目となります。人生は自分が主役!

・末永郁さんの農業人生!ニワトリとの歩みの始まり。
続々と、続々と…。人生は自分が主役!

・野の花アーチストの美の世界が出版されます。
・文芸アカデミーの出版社は、魅力的ですよ。しかし、加津間広之さんの
本はヒカルランドから間もなく出版となります。これは歴史に残る本です。
人生の主役は自分です。

・ビオトープの真ん中で育ったお米をお分けします。
ビオトープ内での稲作20年。
小ブナがたくさん泳いでいます。カブトエビも、豊年エビも…。
ゲンゴロウも、メダカも、ドジョウも、ヤゴも…。
実に美しいビオトープ田んぼです。
長野県の佐久平、千曲川の旅情豊かな川のそばです。5キロ単位。
メールアドレス:usudase@yahoo.co.jp TEL:0267‐62‐9591
米作アーティスト臼田節夫さん宛て。


1月13日は、臼田さん、末永さん、池崎さん、ほかに
3名の方が登壇なさいます。人生の主役は自分です。
posted by 大下伸悦 at 18:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッドの位置と病気との関係

ベッドの下の床の配線からの電磁波が
体調不良の原因になっていないか。

ベッドと壁の関係はどうか。
壁の中の配線が原因になっていないか。
せめて40a以上放すようにすること。


ベッド近くの壁の向こう側に
電子レンジや冷蔵庫がセットされていないか。


寝ているときの身体は、無防備に電磁波によって
生体電流を乱されている。


ベッドの配置を変えるだけで症状が消えることは、ままある。大病がガラッと変わることがある。

同じ理由で電気あんかや電気毛布は避ける。
無害化する方法はあるが、そもそも避けるクセをつけておくの
が無難である。


仰向けになって、両手と両足を天空に向ける姿勢を数分間採ると
多くの症状が消えることが知られてきた。


手や足の先端に滞留しがちな血液を上手に循環させれば、
血液の酸化や滞留を防ぐことになるのだから、
理にかなっているといえる。
私は2分2回行うようにしている。

しかし、疲れるので、足を壁につけて、
下半身が斜め上に向くようにすると楽に行うことができる。

この場合、両手を上げるのは、薄い漫画本などを眺めるように
していると時間が稼げる。

総じて、寝室には電気製品は少ないほうがよい。


コンセントの位置や、延長コードもおなじ理由で遠ざける。

照明付きのベッドは有がた迷惑だが、コードを抜いてしまえば大丈夫である。


青色発光ダイオードによる照明は、
朝の太陽光の波長を持つ電球に替えたらいい。


例えば横浜の「フロンティアショップ」さんに置いてある。

おおした


===============================================
・ひとりから世界が変わる!自然がどんどん蘇えっている.
私たちにはそれができる!自分が自然界に貢献していることが実感できる.
だから、議論には加わらず、楽しんで生きていくことができている。
人生の主役は自分です。「第22回新春の集い.  関西1月7日(日).関東1月13日(土)」

・映像作家鈴木知之監督のドキュメンタリー映像、感動ものです。
なお、全国の利他に生き、自然をよみがえらせている方々を
シリーズで紹介していく予定です。

・有用微生物群で河川を浄化23年、地域ぐるみで生ごみ循環システム、
初めはひとりから。そしてご夫婦で、それから行政ぐるみに。
常総の恒川敏江さんと緑の会のご紹介から始まります。
1月13日、ご登壇頂きます。1月7日は京都の自然環境再生先駆者に
ご登壇頂きます。
そして、次は京都、そして愛知・・・。この愛知がまた、すごいのです。
福島はもう「うつくしまパラダイス」になってきています。
・2017年度は「横山卓先生」の療法をご紹介してきました。
びっくり現象をお見せいたしましょう。

・1月13日の会場近くの鶴見川で
東京湾と川の浄化プロジェクトが始まりました。
田中清一郎さん、小角にご登壇頂きます。人生は自分が主役!

・大阪の中心部で「ベランダ・屋上菜園」をなさっている康村浩さんの
栽培法が出版されました。これから日本中に広がっていくことでしょう。
1月7日、お披露目となります。人生は自分が主役!

・末永郁さんの農業人生!ニワトリとの歩みの始まり。
続々と、続々と…。人生は自分が主役!

・野の花アーチストの美の世界が出版されます。
・文芸アカデミーの出版社は、魅力的ですよ。しかし、加津間広之さんの
本はヒカルランドから間もなく出版となります。これは歴史に残る本です。
人生の主役は自分です。

・ビオトープの真ん中で育ったお米をお分けします。
ビオトープ内での稲作20年。
小ブナがたくさん泳いでいます。カブトエビも、豊年エビも…。
ゲンゴロウも、メダカも、ドジョウも、ヤゴも…。
実に美しいビオトープ田んぼです。
長野県の佐久平、千曲川の旅情豊かな川のそばです。5キロ単位。
メールアドレス:usudase@yahoo.co.jp TEL:0267‐62‐9591
米作アーティスト臼田節夫さん宛て。


1月13日は、臼田さん、末永さん、池崎さん、ほかに
3名の方が登壇なさいます。人生の主役は自分です。
posted by 大下伸悦 at 18:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする