2017年03月30日

農業者の年収1200万円は可能か?きわめて容易。4月1日ヒカルランド出版記念講演の主題のひとつ

ヒカルランドパークへの野菜の出荷、締め切りました。
次回は4月16日です。ありがとうございました。

さて、農業者の年収1200万円は可能か?
と問われれば、きわめて容易である、と応えることになる。
どうしてかって?
容易だからである。100%だと応えたいぐらいである。

1200万円どころか、年収1億円を常態にするのも
そんなに珍しいことではない、といえる。

すなわち、就労人口の0,02%の長者たちの仲間入りは
極めて容易だということが言いたいのである。

もちろん1年後の話である。

更に
そのうえで、無農薬・無肥料・草に困らず・虫に困らない。
ということは、子供たちの体温を1度上げることができる天然野菜を
提供できるということである。

腰を長時間曲げ続けるということもナンセンスな話である。
しかも、施設栽培を前提とはしていない。

農業は赤字が当たり前だなんて、ばかばかしい。

4月1日、ヒカルランドでの出版記念講演、乞う、ご期待…。

時代は変わったのである。
知っているか知らないかが、生き方の違いを生む。

ゴールドラッシュが始まっているといえそうだ。

4月9日の、名古屋の会は、残席6名です。
今回の参加者が次回も参加できることになります。

おおした

posted by 大下伸悦 at 22:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

農業者よ、大志をいだこう!

001.JPG004.JPG008.JPG005.JPG

4月1日は、ヒカルランドパークでの出版記念講演、
もうすぐです。
そうそうたるプロの方々も集まります。


農業・工業・商業という産業界があるなかで、
長年赤字続きで、農業という職業が成り立っていないに
かかわらず、「農業を職業としている」と
言い張るひとがいる…。
しかも、たくさんいる。

人生のステージを変えよう。
さあ、4月1日、ヒカルランドパークにいらっしゃいな。

4の5の言わず、3ヶ月で黒字にしてしまおうでは
ないか。

人生を変えよう!

いつまで愚痴と恨み節を言っているのだろう。

そんなことを言っていると、
もうすぐ人生、終わってしまうではないか。

さあ、変わろう!カネの呪縛から解き放たれて
差し上げ上手でおおらかに生きていく
ステージへと歩を進めましょう。

笑顔を取り戻して、肺いっぱいに酸素を
取り込み、
自分をほめてあげようではないか。

農業者が「生きがいの創造」の範を示さずして
誰が示すというのか。

我々は周りの人たちの健康と活力の源である食を
提供して、子供たちを守るガーディアンである…。

農薬はやめよう。不自然なものにカネを掛けるのは
やめよう。
周囲を変えるまえに、まずは、
いま、ここから、自分から変わろう!!

さあ、自他同然に生きる1040人の理想郷の先駆者が
あなたを待っている。

私とともに自他同然に生きる先駆者の懐に
飛び込んでいこう!

おおした
posted by 大下伸悦 at 07:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

4月1日はヒカルランドパークでの出版記念講演.赤字体質のプロ農家を数カ月で黒字体質に変える手順、お楽しみに

4月1日はヒカルランドパークでの出版記念講演です
赤字体質のプロ農家の経営を数カ月で
黒字体質に変える手順…、お楽しみに 

 4月1日は、農法の研究者も何人かいらっしゃいます。
まずは数カ月で黒字へと導いてまいりましょう。

なにも難しいことではないでしょう。
すると、野菜も自然栽培が可能になる。

ひとに敬愛される栽培者は表情も生き生きしていますね。

ほんとうか?もなにも、一日10分程度で
生き方が大きく変わってしまうのではないでしょうか。
子供たちも喜んで口にする
本物野菜を栽培していきましょう。

栽培者は微生物の研究者たれ!
らくに
たのしく
本物を…。

プロでなくたって、
自分や子供が口にする野菜は
天然自然ものが一番でしょう。

ベランダでの栽培を
してください。

4月1日、どうぞ、いらしてください。

詳しくはヒカルランドパークのHPを
ご覧ください。

自分から変わる。すると周囲が変わる。
地域が変わりだす。世界の食を変えていこう。

おおした
posted by 大下伸悦 at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする