2015年02月23日

生きている土か死んだ土か?死んだ土をよみがえらす。それを確認する方法。

  昨日(2月22日)の横浜(綱島駅近)・芸術文化情報ステーション(大綱会館)での
食と農の研究会では、
生きた土と死んだ土の識別法、そして死んだ土の蘇らせ方、その確認方法を
行いました。

続いて、
腰を曲げずに、しかも一人でできるマルチフィルム敷設法も実物の装置を
その場で組み立てて試技することができました。

ことしは昨年以上の天候不順(多雨・日照不足)が予想されます。
そこで今年用の土作り法を、土壌用ドリルの実物を使って実演する
ことができました。

GOPのオーナーさんが、経営する6つの施設への野菜の継続出荷を希望して
いらっしゃいます。

いよいよ始まる「野菜の定期出荷」、あなたの野菜が必要です。

ここ情報ステーション空間での「しいたけ栽培とトマト栽培」が始まります。

昨日は、プランターでのキャベツ・小松菜養育を始めました。
料理するときまで生きている野菜を食べてほしいという思いからの
試行です。

摘みたてサラダクラブの実演講座も始まります。

クッキーやクラッカーやドライフルーツを酵素を生かしたままつくる装置
(48度以下の低温でつくる)は日本にはないんですね。
そこで外国から取り寄せました。

いわゆる「ローフード(酵素・生)食)」のための装置です。
1階のローフードの自然食試食館「ほつま」で提供いたします。

お楽しみに

大下



感謝

大下
posted by 大下伸悦 at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

生きている土か死んだ土か?

  
本日は横浜(綱島駅)、芸術文化情報ステーション(大綱会館)での
食と農の研究会です。

生きた土と死んだ土の識別法、
腰を曲げずに、しかも一人でできるマルチフィルム敷設法、
いよいよ始まる「野菜の定期出荷」、あなたの野菜が必要です。

フロンティアさん主催の会は
少人数だからお付き合いが深くなる。
感謝

大下
posted by 大下伸悦 at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

3月8日はきた名古屋での栽培研究会です。

  
3月8日は、北名古屋での栽培研究会です。
会場は、平田寺(へいでんじ)・・・。

生きた土か、死んだ土か、自分で判断できる識別法・・・。
積み立てサラダ栽培の手順・・・。
腰を折らずに一人で楽にできる「マルチング敷設法」・・・。
荒地簡単栽培法・・・。などなど

非常時(災害時・食糧危機時・病気のときなど)の食・・・、
その試食会。

この日は新刊もご用意できるでしょう。
13時からです。

昨日(2月18日)は名古屋新栄(しんさかえ)町のマクロビのお店
「VIO」で楽しい仲間の集いが開催されました。
お集まりの皆さん、珠ぞろいのお歴々、すばらしい会に
なりました。
お会いする頻度に応じてお付き合いも深くなっていく・・・、
そのことが実感できた日でした。

メイさん、浜口先生、みなさまありがとうございました。

大下
posted by 大下伸悦 at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする