2015年08月28日

運気吸引の場の形成はなったか。

 8月23日のプランター実習では
みなさんの目の前で「酸性度4」の土ができあがりましたね。
別にむずかしいことをしたわけではありません。
あのように大雑把でも「酸性度4」になってしまいました。
もちろん奥の手をつかうこともあります。
 よくいただくお話に「年金生活なので勧められる資材は
高くつき過ぎます」というのが多いです。
ベランダ栽培の場合はなおのことですね。
栽培物の販売が前提なら赤字にならないように設計できるのですから
いわれたとおりの質量でいいのですがね…。
米のとぎ汁や豆乳の空き容器のすすぎ汁も併用するように
してみてください。乳酸菌(EM)もすぐにつくれます。(一晩).
 30歳ぐらいの時、茨城の鹿島と千葉の四街道に土地を買ったのですが
もっぱら菜園としてつかっていました。
趣味が仕事でしたので、ほとんど休みはとりません。
したがって、ほったらかし栽培です。
らくに、あまりお金を掛けずに、ということになると
「草生栽培」か、「草に困らない栽培法」を工夫するということに
なります。
一気にやらず、数年で完成形にしていくのです。
 
 横浜の5つの栽培スポットは、東西南北の建物周辺を利用しています。
しかも下はコンクリート・アスファルト・一面のレンガ敷きとなっています。
栽培ポットのなかの土は3分の1しか用意できませんでした。
カーボン資材もあまり入れていません。
「酸性度4」にするのも急ぎません。その分、別な工夫をするのです。

横浜(綱島)の菜園のある場所と、そのオーナーさんの「運を呼び込む」…。
それが私の役割でしたが、半年経ってやっと「運を呼び込む場が形成された」
ようです。定点Aが変わり、定点B・Cが変わり、一気に全体の次元が変わります。

運気が吸引され続ける「場が形成される」までは、日々ため息がでるような
エピソードが続きます。それらは運気創造の素材なのですが、多くの人は
それらの尊いエピソードに「不幸」というレッテルを貼りたがります。

圧縮に圧縮を重ねて「想いの場」という居住地が、「感謝形の思いの場」へと
変換されるのです。それが創造のメカニズムです。
 
 9月の丸山さんに続いて、10月は東出融さんの講演を予定しています。
東出さんも山の中の水場に自ら踏み入って、ときには背負って、ときには
雪の中を犬と一緒にそりを曳いたりして「現在の場を形成」してきたのです。
 場の形成は事業を持続させようとする自分にしかできないというのに、
「自分は経営者だ現場にいる必要はない」などと言って
「苦労」と付き合い続け、やがては消えていくのです。

 なかにはやる前から消えていく論外のものもいます。
行動すること…。最低限キャッチボールができること…。

 神戸(北神)で神谷さんのカーボン資材の代理店をしている吉田さんが
準備をしている大規模な野菜の産直事業に注目しています。
1月11日の大阪での新春の集いでは登壇していただきます。
焼津で13町歩の田んぼと畑をやっていらっしゃる杉原さん
(アースグリーンファーム)も注目…。(訪問予定です).

横浜の菜園の課題…、レタスや小松菜を栽培し、パラソルコートで
摘みたて直販ができるようにすること…。
エイトポケットブランターは出揃ったが、駐輪場の裏には合わないので
そこはボックス(可動ウネ)とすること…。
今日はその仕込みをして、それから長野へ戻ります。

ところで、カムナカフェのファームに行ってみてビックリ…。
消え入りそうなナスの苗が3本植わっているのですが、
田中清一郎さんたちが栽培ごっこをしたらしいですが、これはだめですよね。
カーボンバークの2センチ下がアスファルトなのでこれでは枯れてしいます。
ジャガイモの転がし栽培とはわけが違います。
局所深耕が必要です。

------
 9月13日、横浜(綱島)での講演会…。
名医が驚く伝説のお米が間にあいます。(笑
これはおどろき…。
もちろん新米です。
搗きたてのおもちは本日届きます。
-----------
9月13日の丸山のぶひろ院長との講演会の日は、
会場内のエイトポケットプランター菜園を
見学しながら
おむすび・スベリヒユ・1年半熟成お味噌汁セットを
ご賞味ください。
流水亭のボックス栽培2年物のゴボウでのゴボウ茶は
あまり量がありませんがみなさんで試飲してみましょう。
カムナカフェでは手づくり天然酵母パンも
用意されています。
これにはビックリ、すごくおいしいです。
なんと、「名医が喜ぶ伝説のお米」が、なんと間にあいそうです。
 野草酵素づくり、手づくり乳酸菌づくりも行います。
原料の玄米は私が用意します。
天使の森シーズンカフェもオープンします。
ギンナン拾いもできますよ。
私のサツマイモも間にあうでしょう。
神田のお店をたたんで八戸の山に入山した素敵な
三代川大師・ゆきえさんの初ジャガイモも届きます。
おたのしみに。
http://www.gop55.com/
-------------
神谷さんとわたくし大下の講演は、
12月20日、ちょっと贅沢に
東京「浜離宮ホール」にて。
人類の歴史の転換点…。
古い太陽は黄泉へと還り(よみかえる)、
新生太陽をお迎えする(迎日感謝祭)。
第21回・新春の集い。
新春1月11日、大阪天満橋
         「エル大阪」にて。
おおした
posted by 大下伸悦 at 06:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

12月20日、古代から人類が祝ってきた「新たに誕生してくる太陽」とともに大地につながります。

第7回 新生太陽迎日祭・収穫祭
 開催決定しました。
> 日にち 12月20日 日曜日
>   場所   浜離宮 朝日ホール
>  出演予定 神谷成章さん 大下伸悦さん  
>  
> 詳細は決まり次第 お知らせします。
> 主催 新日本文芸協会・グリーンオーナークラブ
>
>------------------------------

>当日はとっておきのもち米でつくったお餅をみんなで
>いただきたいと思います。

>そのための試食用のお餅が本日届きます。
>「自由炭素」のはたらきで生命エネルギーをいっぱい
>吸ったお餅…、味わわせていただきます。
>舌は正直なんです。

>お正月はもうこのお餅で決まりでしょう。
>そうだ、9月13日はふだんは非公開のシーズンカフェ
>「天使の森の菜園」でお抹茶とともに
>味わっていただきましょうか。

> 8月23日の高橋さん粟根さんが栽培したスイカは
>お見事でした。立派な大玉スイカでした。

>本日は5つの栽培スペースの残るひとつ。
>天使の森を秋用に衣替えします。

>おおした

>横浜は本日まで滞在予定です。
>綱島街道沿いのカムナファームは
>エイトポケットプランターがやっと出そろいました。
>土壌用カーボンバークの量も倍増し
posted by 大下伸悦 at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

さあ今秋は何を植えましょうか。

 もうすぐ横浜へ出発します。
その前にキャベツの第3陣を定植します。
今秋はキャベツと白菜、ゴボウやニンニクのウネを
増やします。ニンジンは今月中に植えます。
じゃがいもの苗(種いも)も、もう出回っています。
小松菜やレタスは欠かせませんね。

草に困らない栽培法、最近は4つめのやり方を紹介しております。
それは「酸度計を用いてpHを4(神谷さんは3)程度に
整えて行う方法」でした。
これは、苗を定植する分にはいいのですが、乾いた種を直巻きすると
芽が出てこないということにもなりかねません。

種にしっかりと水分を吸わせてから蒔くようにしたいですね。

数日前、きゅうり栽培の巨匠、浅岡名人のオランダの視察成果を
伺ってきました。
オランダの施設栽培は水耕がほとんどなようですが、pHは
「4,5」を保つようにしていた、とのことです。
これは大事な情報ですよね。

pHを測るときは土壌が濡れている(湿っている)状態で
行ってください。

水田での稲作は「苗」からというひとが多いでしょう。
オランダの4,5は意識していいと思います。
稗は稲の同類ですから、生えてくるのですが、
刈り取りの前に抜いてから行えばいいのですよね。

植える直前の種や苗への灌水(かんすい)を「200倍のカーボン
希釈液にする」、と富山からお越しの中山さんが
おっしゃっておりましたが、ほどほどにしたほうがいいでしょうね。
せいぜい500倍ぐらいまででしょう。
徒長予防を意識なさっているのでしょうか。
土壌の粒子が粗らいというのも徒長の原因にはなりますから
表層をきめ細やかな土にしてそこに蒔くようにしましょう。

◎ 神谷先生と私の講演は、東京が12月20日、浜離宮ホールです。
冬至に近い日を選んでの感謝祭(第7回)です。
みなさま、お野菜をご持参ください。

大阪での神谷先生と私の講演は1月11日です。会場は
例年通り。天満橋のエルおおさかです。(新春の集い).

東京の「新春の集い」は、1月10日(日)です。
もう第19回にもなるのですね。
発足から5月で21年目…。(幸塾は10月で19年目…).

私の人生を豊かにしてくれたのはこの会です。
毎月のように顔を見せあうのが「つき」を持続させるコツ
だったのですよね。

9月13日は丸山クリニック院長、「丸山のぶひろ先生」です。
地磁気とつながる。それを妨害する電磁波をカットする。
翌朝から症状が消える方が非常に多いそうです。

私たちの生き方は更にその先を行っています。
もともと地磁気と、大地とつながって生きています。

おおした





posted by 大下伸悦 at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする