gop_ryusuibana.jpg
GOP最新情報はこちらをどうぞ GOP・グリーンオーナー倶楽部

2014年11月23日

タイトル訂正.霜が降りても野菜の茎や葉が枯れない。「零下」10℃でも葉が凍らない。

 せっかくの内容が台無し。タイトル訂正.
正「零下」….  誤「冷夏」
「零下」10℃でも葉が凍らない。
 


「霜が降りても野菜の茎や葉が枯れない」。
「気温がマイナス10℃でも葉っぱが凍らない」。

(神谷成章談)

周りが一面の雪景色、でも流水亭の畑(指し月の畑)は真っ先に黒土が現れる。
(大下伸悦)

特段に難しいことをやっているわけではない。至ってシンプル・・・.

大下「寒くなりましたねぇ。一面に霜が降りました」。
大下「いま頃、かぼちゃを植えたんですか」。
神谷「よく育っているだろ」。
神谷「これから野菜を植えるよ」。
大下「ハウスのなかででしょ」。
神谷「露地でだよ」。
神谷「状況によってはトンネルも活用することだね」
大下「わかりました」。
大下「ジャガイモもこれからで大丈夫ですよね」。
神谷「もちろんだよ」。

--------

◎Aさんからの便りへの返信.
私が長期滞在する木曽郡なぎその流水亭の菜園は周囲が一面の雪景色のときでも
真っ先に黒土が現れます。

神谷さんの畑探訪は、11月30日に行います。が、
急なので別な日がよいということであれば、月曜・火曜あたりでご提案ください。
本気度の高い方には私も同席します。
どうぞよろしく.
親愛なるAさんへ.

------
「霜が降りても野菜の茎や葉が枯れない」。
「気温がマイナス10℃でも葉っぱが凍らない」。
------

◎GOP便りを配信いただき有難うございます。
 
  暇あるごとに神谷先生の本とDVDを見ながら勉強しています。

  今は、60代後半で塗装業をアルバイト的に家庭菜園を作りながら、常に好
奇心だけは忘れまいと思いながら頑張っているものです。

  元は、役場の職員で農協との共同で農業センター長をしていたものですが、
神谷先生のハイテク農法の話を見て聞いてただただ、目から

  鱗の気持ちでいっぱいです。  来年から30アール程度の農地を利用し
て、まず、実践して地域から共鳴する仲間作りをと考えています。
  
  今、土壌診断により施肥設計の指導をいただく、吉良商店と電話確認して、
その準備を進めています。

  そん
な中、配信いただきました「だより」 のなかに、トマトの袋栽培につ
いての記事があり、ぜひ、北海道でも可能なのか実践してみたいと
強く感じたところです。

  神谷先生の農場見学を考えていますので、その機会にでもご配慮頂ければ大
変有難く存じますので、何卒、お手配下さいますようよろしくお願い申し上げます。
ご一報を待っています。お忙しいところ恐縮ですが勉強、実践の機会を与えて下さいますよう切にお願いいたします。

北海道○○町

Aより    

---------
◎前回配信分 

 農の超プロたち(10e当り1000万円以上、全国に広がる)以外にはあまり知られることのなかった神谷成章さんの世界も地元だけではなく、日本中に知られるようになってきました。

先日も岡崎の方が「地元でもほんとに知っている人がいなかったんですよ」と
おっしゃっているぐらいでした。

今年は米の引き取り価格が概ね1000円(1俵)下がり、来年もそのぐらいに下げられる。
いよいよ農業の危機が人為的につくられるのか?
・・・そういう時期だからこそ、私が動かされたのでしょう。
 
さて、最近は粟根さんが摘みたてサラダクラブのプロジェクトリーダーに就任なさり
ブランドスパークスの核としてブレークしております。(笑

日本の農が変わっていく・・・。


11月17日に続く神谷成章ワールド探訪は、今月30日(日)に決定しました。

13時00分スタートです。「土日でも企画してほしい」との要望に応えての今月第2弾・・・。
(17日は月曜日でしたね)
摘みたてサラダクラブ粟根さんの主催です。

それと、報告が一点・・・。
相模原の角田さんが「屋上菜園」で大成功を収めております。(パチパチパチ)
なんと100坪の広さ、ホ
ワイトボックス・ブ
ラックボックスが百数十個並んでいるとのことです。
彼の葉物野菜は今が旬、早速GOPへも出荷開始の運びとなります。

豊川の橋本さんのサツマイモが大人気・・・、講演会場で毎回完売となっております。

えっ、GOPで購入しているのかって?
常々「出荷してください」と言っておりますよ。

11月26日は神田司町フロンティアスペースで「運を引き寄せる会」.
「単に野菜の栽培を始めます」ではなく、同時に「運を引き寄せなさな」。
出荷、配送などについても話し合って具体的に事業化を進めてまいりましょう。

大下
posted by 大下伸悦 at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

霜が降りても野菜の茎や葉が枯れない。冷夏10℃でも葉が凍らない。

 
 
「霜が降りても野菜の茎や葉が枯れない」。
「気温がマイナス10℃でも葉っぱが凍らない」。
 
(神谷成章談)
 
周りが一面の雪景色、でも流水亭の畑(指し月の畑)は真っ先に黒土が現れる。
(大下伸悦)
 
特段に難しいことをやっているわけではない。至ってシンプル・・・.
 
大下「寒くなりましたねぇ。一面に霜が降りました」。
大下「いま頃、かぼちゃを植えたんですか」。
神谷「よく育っているだろ」。
神谷「これから野菜を植えるよ」。
大下「ハウスのなかででしょ」。
神谷「露地でだよ」。
神谷「状況によってはトンネルも活用することだね」
大下「わかりました」。
大下「ジャガイモもこれからで大丈夫ですよね」。
神谷「もちろんだよ」。
 
--------
 
◎Aさんからの便りへの返信.
私が長期滞在する木曽郡なぎその流水亭の菜園は周囲が一面の雪景色のときでも
真っ先に黒土が現れます。
 
神谷さんの畑探訪は、11月30日に行います。が、
急なので別な日がよいということであれば、月曜・火曜あたりでご提案ください。
本気度の高い方には私も同席します。
どうぞよろしく.
親愛なるAさんへ.
 
------
「霜が降りても野菜の茎や葉が枯れない」。
「気温がマイナス10℃でも葉っぱが凍らない」。
------
 
◎GOP便りを配信いただき有難うございます。
 
  暇あるごとに神谷先生の本とDVDを見ながら勉強しています。

  今は、60代後半で塗装業をアルバイト的に家庭菜園を作りながら、常に好
奇心だけは忘れまいと思いながら頑張っているものです。

  元は、役場の職員で農協との共同で農業センター長をしていたものですが、
神谷先生のハイテク農法の話を見て聞いてただただ、目から

  鱗の気持ちでいっぱいです。  来年から30アール程度の農地を利用し
て、まず、実践して地域から共鳴する仲間作りをと考えています。
  
  今、土壌診断により施肥設計の指導をいただく、吉良商店と電話確認して、
その準備を進めています。

  そんな中、配信いただきました「だより」 のなかに、トマトの袋栽培につ
いての記事があり、ぜひ、北海道でも可能なのか実践してみたいと
強く感じたところです。

  神谷先生の農場見学を考えていますので、その機会にでもご配慮頂ければ大
変有難く存じますので、何卒、お手配下さいますようよろしくお願い申し上げます。
ご一報を待っています。お忙しいところ恐縮ですが勉強、実践の機会を与えて下さいますよう切にお願いいたします。

北海道○○町

Aより    

---------
◎前回配信分 

 農の超プロたち(10e当り1000万円以上、全国に広がる)以外にはあまり知られることのなかった神谷成章さんの世界も地元だけではなく、日本中に知られるようになってきました。

先日も岡崎の方が「地元でもほんとに知っている人がいなかったんですよ」と
おっしゃっているぐらいでした。

今年は米の引き取り価格が概ね1000円(1俵)下がり、来年もそのぐらいに下げられる。
いよいよ農業の危機が人為的につくられるのか?
・・・そういう時期だからこそ、私が動かされたのでしょう。
 
さて、最近は粟根さんが摘みたてサラダクラブのプロジェクトリーダーに就任なさり
ブランドスパークスの核としてブレークしております。(笑

日本の農が変わっていく・・・。


11月17日に続く神谷成章ワールド探訪は、今月30日(日)に決定しました。

13時00分スタートです。「土日でも企画してほしい」との要望に応えての今月第2弾・・・。
(17日は月曜日でしたね)
摘みたてサラダクラブ粟根さんの主催です。

それと、報告が一点・・・。
相模原の角田さんが「屋上菜園」で大成功を収めております。(パチパチパチ)
なんと100坪の広さ、ホワイトボックス・ブ
ラックボックスが百数十個並んでいるとのことです。
彼の葉物野菜は今が旬、早速GOPへも出荷開始の運びとなります。

豊川の橋本さんのサツマイモが大人気・・・、講演会場で毎回完売となっております。

えっ、GOPで購入しているのかって?
常々「出荷してください」と言っておりますよ。

11月26日は神田司町フロンティアスペースで「運を引き寄せる会」.
「単に野菜の栽培を始めます」ではなく、同時に「運を引き寄せなさな」。
出荷、配送などについても話し合って具体的に事業化を進めてまいりましょう。

大下
posted by 大下伸悦 at 12:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

11月26日は神田司町フロンティアスペースで「運を引き寄せる会」

 


農の超プロたちの世界以外ではあまり知られることのなかった神谷成章さんの世界も
地元だけではなく、日本中に知られるようになってきました。
先日も岡崎の方が「地元でもほんとに知っている人がいなかったですよ」と
おっしゃっているぐらいでした。

今年は米の引き取り価格が概ね1000円(1俵)下がり、来年もそのぐらいに下げられる。
いよいよ農業の危機が人為的につくられるのか?
・・・そういう時期だからこそ、私が動かされたのでしょう。
 
さて、最近は粟根さんが摘みたてサラダクラブのプロジェクトリーダーに就任なさり
ブランドスパークスの核としてブレークしております。(笑

日本の農が変わっていく・・・。


11月17日に続く神谷成章ワールド探訪は、今月30日(日)に決定しました。

13時00分スタートです。「土日でも企画してほしい」との要望に応えての今月第2弾・・・。
(17日は月曜日でしたね)
摘みたてサラダクラブ主催です。

それと、報告が一点・・・。
相模原の角田さんが「屋上菜園」で大成功を収めております。(パチパチパチ)
なんと100坪の広さ、ホワイトボックス・ブラックボックスが百数十個並んでいるとのことです。
彼の葉物野菜は今が旬、早速GOPへも出荷開始の運びとなります。

豊川の橋本さんのサツマイモが大人気・・・、講演会場で毎回完売となっております。

えっ、GOPで購入しているのかって?
常々「出荷してください」と言っておりますよ。

大下
posted by 大下伸悦 at 08:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする