2019年02月19日

よりラクに、今日を楽しむ。


◎トンネル栽培用のトンネルを
立って入れるように
腰の部分を立ち上げたプチドームは、

早くも、葉野菜でいっぱいに
なりました。

楽なだけではありません。

三つ目のプチドームは
立ち上げて数日なのに、
大中小さまざまな小松菜が
所狭しと躍っています。

不耕起栽培なので
大雨だと冠水をして
駄目になってしまいます。

そこで可動ウネの出番です。
移動させるだけなのですから
楽なものです

小松菜はテーブル上で
移植するのですが、

椅子に腰掛けて
コーヒーを飲みながら
楽しんで行います。

個体数にして400株ぐらい…。

縄文期の調べものをしながら
できるのです。うれしいですね。
posted by 大下伸悦 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

プチドームが俄然やる気に…


◎トンネル用材をそのまま立ち上げてつくったプチドームが大きな戦力になっていくのですね。
対象地への価値感が180度変わってきしまいます。
空いたままのウネ(不耕起)がたった一日後には、ほうれん草で満員御礼状態です。
大中小さまざまな大きさのほうれん草が元気な着地を見せております。
水遣りもしなかったのに居心地よさそうにしております。
なにしろ手軽につくれてしまいますので、出来立てのプチドームにもほうれん草、アサツキが着地…。
続いて小松菜が引っ越しします。レタスはどうかな?レタスにも着地してもらいましょうかねぇ。
19日は、Hさんがいらっしゃいますのでトマトの「活き埋め栽培」に着手してもらう予定です。(笑
決して奇をてらうものではございません。(爆
posted by 大下伸悦 at 14:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

より楽に、より快適に効率よく


◎トンネル栽培は一度セットすれば
何年でもそのまま使います。
トンネルの中に手を入れるのは、植えるときと収穫のときのみです。
収穫が年に何回転もするのです。ビックリしましたか?(笑
不耕起、無肥料、無農薬で、です。
非常に重宝しますよね。


しかし、年中販売するですから
収穫のつど、腰を窮屈にかがめます。
この点を改善したい…。
栽培トンネルのなかに
立って入れたら楽でいいですね。
そこでトンネルを120a持ち上げて
みました。(誰でも持っている栽培用ポール使用)
これなら身長150aのひとでも
踏み台無しで簡単に作れますよね。
天頂部の高さはご自身の身長プラス15a程度になるように
自由に変えられます。
横幅は2mがお薦めです。使い勝手がいい…。
栽培をやっている方は
もともと材料はお持ちでしょう。
実に簡単…。

しかし、つくると一年中、重宝するのです。
芽が出ないはずのときに芽が出ます。成長しないはずのときに成長していくのです。
出入りも実に快適…。中で椅子に腰かけてティータイムもいいですね。
昨夕(11日)、チャチャッとつくってみました。
まさにチャチャッとつくれてしまうのです。
長さは10mにします。
実は、今回の場所の土の中にはガレキが埋まっていて栽培には適しません。
しかし、プチドームにし、しかも名前を「キティちゃん」にしたことで
がぜん、栽培の適地に
躍り出てきました。(笑
なぜ、適地化してしまうの?
それは見学時にご確認ください。(笑
空間が変わると、
意欲が湧いてきます。すると栽培の適地化が進むのです。
おおした
posted by 大下伸悦 at 11:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする