2017年08月11日

お待たせしました。9月3日、関西でも横山卓先生の施術会を開催します。

就農者の生活の安定法は
お伝えしはじめました。

同じぐらい大事なことは、日々健康であることです。

熱中症の方が案外と自覚できていないのです。
そのままポックリなどということの無いように、

お一人おひとり看てもらってください。

----------------------------------

&size(36){''&deco(red){9月3日(日)大阪.横山卓先生施術体験会(東洋医学熱鍼療法)};''};
翌4日(月)は、個別セッション予備日とさせていただきます。
体調がすぐれない方、関東での定例会でみなさん、あっけにとられるほどの効果!どうぞ体験してみてください。
&show(9a7d421e.jpg,,画像の説明); &show(auto-9PiBjR.PNG,,キャプチャ);

いままで柳原能婦子先生や市川加代子先生、木村仁先生など多くの超一流の達人を紹介してきました。が、

今回は、横山卓ワールドの紹介となります。

横山卓先生の施術ワールドは、まったく違う世界の施術法です。

視力が極端に衰えたひとが、衆目の前であれよあれよと正常化!

指が伸びないし痛い、腰が変、ひざが不自由!
うまく歩けない!ガンの悩み!などなど…


まあ、ご参集ください。身体に異状を訴えるひとを
ひっぱり出してきてください。

3日は、午前の部 10時00分開始。午後の部13時00分開始.

特に個別に看てほしい方のために、翌9月4日は、
個別のセッションを一日用意しています。希望者は、お申し出ください。

上手な生き方は、まずは日常の健康!そして本物の食!


食と農、健康と美を提供する空間、康村さんの聖恵ビルの
10階で自然体の自分を取り戻しましょう。

聖恵ビルは、(地下鉄谷町線「谷町6丁目」7番出口.徒歩3分)

参加費: 会員3,000円  一般4,000円


お振込先:ゆうちょ銀行 (記号)10610 (番号)01908611
(名義)グリーンオーナークラブ


お申し込みは→https://ws.formzu.net/fgen/S62407747/

◎大阪会場:中央区 上本町西1- 1「聖恵ビル」10階

◎アクセス:地下鉄谷町線の谷町6丁目駅下車.
地下道の7番出口を出ると大通り。

7番出口を出たら右へ徒歩3分、
一つ目の交差点を渡らず、右折して2軒目のきれいなビル「聖恵ビル」です。
posted by 大下伸悦 at 11:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

87歳の師は、70年以上、飲まず 食べず 排泄もなし.



70年以上にわたって
食べものも
飲み物も
口にせず、
排泄もない。


しかし、身体は至って健康な
87歳の
プララド・ジャニさん

ジャニさんの話を検証するため、
医師たちは
彼に、
アフマダーバード市の
スターリン病院に
入院してもらいました。

医師たちは
24時間体制の監視の下で、
ジャニさんを観察。

驚いたことに、
15日間まったく飲食を摂らなかった
ジャニさんは

脱水症状になっていないばかりか、


健康状態はいたって良好だったのです。


さらに医師たちを驚かせたのは、
ジャニさんが入院中に

一度も排泄をしていなかったこと。


医師たちはジャニさんの膀胱内の尿容量を
朝晩に測定しましたが、

彼は体内で尿を吸収しているようでした。

ジャニさんの養生の秘訣は、

瞑想、
ヨガ、
チャクラ脳活性健康法ですが、

なぜ絶食しても生存できるのかについては、
科学的に分かっていません。

神経科医のスディール・シャー氏は
記者会見で、


「生物学の科学的視点からは、
奇跡を目撃したと言えます」と
話しました。


一方、インド国防局生理学学会の
イラバジャガン博士は、

ジャニさんのケースを研究すれば、
自然災害などの食料不足の時に
生存率を上げるだろうと話しています。

人間は一生飲まず食わずで生きていける
ということなのでしょうねぇ。
 
以上、大紀元より
posted by 大下伸悦 at 01:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

オオカミがロボットになって現れた




                                                                                      


農作物を荒らす野生動物を追い払うため
ロボットのオオカミ「スーパーモンスターウルフ」が
日本で開発された。

開発したのはJA木更津.



1台の価格は20万円。

ロボットの大きさは本物のオオカミと同じ、
長さ65センチ、高さ45センチ。

分厚い毛皮で覆われ、人工の牙もある。

目には赤く輝く発光ダイオード(LED)が使われている。

このロボットは音を発することもできる。

オオカミの遠吠えから発砲音まで、
18種類の音が録音されていて、

赤外線センサーで動物を感知すると作動する。

以上は8月8日付のスプートニクの記事.

---------------------------------
イノシシ、シカにはどうか。

サルの群れにも通用するものかどうか。

オオカミのにおいがポイントになるのではないか、
と思うところである。

大下
posted by 大下伸悦 at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする