2019年03月04日

木の股農具は強い.添付写真

◎縄文からのごあいさつ.

野焼き縄文農には
点播き用にいかが?木の股は強い…。
農具にも、漁具にも、
工具にも
使われてきた…。
posted by 大下伸悦 at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木の股農具は強い

◎縄文からのごあいさつ.

野焼き縄文農には
点播き用にいかが?木の股は強い…。
農具にも、漁具にも、
工具にも
使われてきた…。

先端に
何もとりつけなくても
よし。ヤリカンナやチョウナには鉱物を取り付ける。漁具は逆さまにして舟に取り付けて使う。(過去、実際に使っていた)
生活用具は
いまも大昔も
大きくは変わりません。
9000年前の現物が朽ちることなく残されている。広範に見つかっている。
posted by 大下伸悦 at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

昨日の雨には感謝…

◎私の栽培法は、2万年前と同じ自然循環農法です。違いは、野焼きをするかしないか、という点です。いまでも野焼き風景は、たまに目にしますよね。種を播く前に、野草を炭化させて半導体の役を担ってもらうのですよね。◎不耕起です。野焼きの替わりに燻炭を撒きます。◎違いは、草を制御する手順を踏むかどうかです。もちろん機械はノーサンキューです。(巷で言われている炭素循環農は、廃棄する菌床を漉き込むのですから、炭素循環というより、微生物農法でしょうね。
◎さて耕地は、4ヶ所(飛び地)あって、900坪に少し欠けるぐらいの面積です。◎2ヵ所の耕地は、昨年使ったウネがそのまま稼働しているので、春とはいってもチャチャッと草対策をする程度なのです。※「不耕起」は、単純なのです…。◎きょうは程よい雨が降ったりやんだり…。そこで「アサツキ・ワケギ」の周辺をスッキリさせました。除草するということは、襟巻を取るという意味です。◎アサツキは2万年前からの伝統の菜です。わたしには非常に大事な薬味です。。
posted by 大下伸悦 at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする